Xデー迫る?!北朝鮮がグアム周辺への弾道ミサイル発射準備!!

  • 2017.10.14
Xデー迫る?!北朝鮮がグアム周辺への弾道ミサイル発射準備!!

10月14日の午前、北朝鮮の動向を伝える各種ニュースサイトの動きが慌ただしくなりました。というのも、グアム周辺への弾道ミサイル発射準備の兆候が北朝鮮に見られたという一報が入ってきたからです。

ここ数日は静かにしていた北朝鮮ですが、また、世界の注目を集めていきそうです。まずはミサイル発射準備の一報を報じた各種サイトの引用をどうぞ。



北朝鮮のミサイル発射準備を報じる各種サイトについて

『北朝鮮、3、4ヵ所でミサイルを載せた発射台を移動』(10月14日 10:58)

北朝鮮の3、4の地域で、移動式発射台(TEL)の移動・展開が相次いで捉えられ、韓米情報当局が挑発に備えていることが13日、確認された。

政府消息筋によると、最近、平壌(ピョンヤン)付近や平安北道(ピョンアンプクト)地域で、弾道ミサイルを積んだTELが格納庫を出て移動する様子が米偵察衛星によって確認された。

韓米軍当局は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星(ファソン)14」か中長距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」の発射準備と見て、動きを注視している。火星14の射程距離を伸ばした新型ICBM級(固体エンジン)「火星13」の可能性もある。

source : 東亜日報

一番早くサイトに情報を掲載していたのはリサーチした限りではこの「東亜日報」(日本版)です。本日10月14日 10:58 に最初の投稿を行っています。

以下、その他のサイトの引用も記事タイトル・掲載時間と共に載せておきます。

『移動式発射台が格納庫から移動 北朝鮮』(10月14日 12:12)

韓国メディアは14日、北朝鮮の複数の場所で弾道ミサイルを載せた移動式発射台が格納庫から出て移動しており、米韓の軍当局が発射準備の兆候とみていると報じた。

source : 日テレNEWS24

 『北朝鮮、グアム周辺へのミサイル発射を再び示唆』(10月14日12:19)

北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は13日、米国による「無謀な動き」があれば北朝鮮政府は行動を取らざるを得なくなると警告し、米領グアム周辺に向けてミサイルを発射する可能性を改めて報じた。

source : CNN

『北朝鮮、弾道ミサイル発射準備か 米韓軍事演習控え 報道』(10月14日 14:57)

米韓海軍による合同軍事演習を来週に控え、北朝鮮が弾道ミサイルの発射準備を行っている可能性が明らかになった。韓国メディアが14日、政府筋の情報として伝えた。

source : AFP BB News

北朝鮮はいつミサイルを発射するのか?

今までの見立てでは、北朝鮮が次にミサイル発射の行動に出るのは、北朝鮮労働党創建記念日であった10月10日だろうというものが最もポピュラーでした。

当ブログでもそのことを取り上げた記事を書いています。

しかし、北朝鮮はその日には実行しませんでした。

その場合、次に可能性が高い日として予想されていたのは10月18日前後です。この18日は中国で5年に一度の重要イベント「中国共産党大会」が開催される日だからです。

その日を狙ってミサイルを発射することで今まで同様に日米韓を威嚇をすると同時に、中国の習近平国家主席の顔に泥を塗る事が可能ということで、ミサイル発射の可能性が高い日とみなされていました。

ところが、北朝鮮がすでに最終発射準備態勢に入ったという報道からすると、この10月18日よりも前にミサイル発射に踏み切る可能性があります。

10月18日より前にミサイル発射の可能性?!

北朝鮮が18日を待たずにミサイル発射を試みる可能性があるのはなぜなのでしょうか?

それは10月16日からアメリカ・韓国によって合同軍事演習が行われるからです。その演習規模が尋常ではありません。

アメリカ第7艦隊所属のオハイオ級原子力潜水艦「ミシガン」(※)が昨日13日に釜山(プサン)港に入港しましたし、数日後には原子力空母「ロナルド・レーガン」も日本海海上で合同演習実施予定となっています。

さらに米韓両国のイージス艦や潜水艦など艦艇約40隻と戦闘機、攻撃ヘリコプター、地上監視偵察機なども参加が予定されていて本番さながらの規模です。

釜山(プサン)港に入港した原子力潜水艦「ミシガン」

巡航ミサイル「トマホーク」を最大で154発搭載可能

source : 朝日新聞デジタル

 

ロナルド・レーガン

source : Yahoo!ニュース

北朝鮮としては、まさに喉元に刃物を突き付けられているような感覚に違いありません。そして、この合同演習への反発・挑発の意味を込めて、18日を前倒しにして打つのではないかとも予想されているというわけです。

X デー(米朝開戦)となりうるか?

今回の発射準備の兆候報道で気になるのが「発射準備を複数台同時にしている」という点です。

今までは弾道ミサイル系の発射実験の場合は原則単発の発射でした。今回、グアム周辺へ向けてミサイルを打つとしていますが、そうであれば同様に単発の実験をすればいいわけで、複数台の発射準備をする必要もないかと思われます。

今回に限って複数台同時発射を検討しているのはなぜなのでしょうか?

そんな疑問を持っていた時に見つけたのが2017年10月12日付で投稿されていた【「元帥様は先制攻撃を決断」朝鮮労働党幹部が発言との驚愕情報】というタイトルの産経記事です。

記事内容を簡単にまとめると

  • 数日前にジャーナリストの加賀孝英氏が朝鮮労働党幹部から秘密裏に入手した情報
  • その幹部曰く「元帥様(金正恩)は先制攻撃を決断している」とのこと
  • 複数のミサイルを同時に発射し、アメリカ本土・在日米軍基地を狙う予定

というものです。

もし、この記事内容が本当だとすればですが、複数台のミサイル発射準備をしている今の北朝鮮の状況と重なってきます。

そして、万が一にもその記事の内容通りのことが起こってしまえば・・・。Xデー(アメリカと北朝鮮との戦争勃発)が、今回のミサイル発射を皮切りにやってきてしまいます。

そうならないことを願うばかりですが、果たしてどうなるのでしょうか。

まとめ

みんなの反応では今回の発射準備報道を受けて「またか」とか「実験飽きた」といった声も上がっていますが、個人的には今まで以上に重く受け止める必要があると感じました。

これまで同様、当ブログでは引き続き北朝鮮情勢を注視していきたいと思います。

eyecatch photo’s source : CNN

最後までお読みいただきありがとうございました!