【初心者必見】数多くの仮想通貨の中から優良通貨へ投資する方法!

【初心者必見】数多くの仮想通貨の中から優良通貨へ投資する方法!

なにかと話題の仮想(暗号)通貨投資。「ちょっと気にはなっているけど・・・」という他ジャンル投資経験者の方や投資初心者の方もまだまだ多いのではないでしょうか。この記事ではそんな仮想通貨初心者の方の背中を後押しすることができればと思います。

どうぞご覧ください。(^_^)


仮想(暗号)通貨の数はどれくらいあるの?

日本人なら「仮想通貨=ビットコイン」を思い浮かべると思います。

が、仮想通貨投資に興味を持って調べだすと仮想通貨がビットコインだけではないことが分かってきます。

イーサリアム?リップル?ライトコイン?ネム?

初めて聞くような名前が調べれば調べるほど次から次に沸いてくる仮想通貨群 笑

それもそのはず。

その仮想通貨の数、2017年11月24日時点で一体どれほどあるのかと言うと・・・なんと1324種類…!!

※ 仮想通貨全種類を確認したい方はこちら ⇒ coinmarketcap.com

この数を前にしてしまうと仮想投資初心者の方は特に「どこから手をつけたらいいか分からない・・・」となってしまいますよね。わたしもそんな一人でした。(^_^;)

「投資対象はよく調べること!」これは投資の世界では鉄則ですが、さすがに1324種類も調べていたらきりがありません。

「じゃ、どうすればいいの?」

記事の本題となる部分を次の項目で書いてみたいと思います。

 

数多くの仮想(暗号)通貨の中から優良通貨を選別する方法

1324種類もある仮想通貨群の中から投資をするに値する優良通貨をどのように選別していけばいいのでしょうか?

そのヒント、実はもうここまでの記事の中で出ているんです。

「えっ?」っと思われるかもですね。

正確に言うときちんとヒントとして書いてはいないので、ここで改めてきちんと書きますね。

それは先ほど取り上げたこちらのリンク先( ⇒ coinmarketcap.com )にあります。

このリンク先に飛んでいくと次のようなページが出てくるかと思います。

 

 

さきほど仮想通貨は全部で1300以上あります。とお伝えしましたが、こちらの画像はその1300種ある仮想通貨群の中の上位TOP15を切り取った画像になります。

このTOP15ですが、何を基準にランク付けされているかと言うと「Market Cap」と呼ばれる「時価総額」です。

「時価総額」という言葉、きっと一度は聞いた事があるかと思います。

仮想通貨世界の時価総額というのは簡単に言うとその通貨の市場規模を表します。この数字が大きければ大きい程多くの人がその通貨を投資対象にしていると考えてもらって大丈夫です。

1300以上ある仮想通貨の中から多くの人がこのTOP15の通貨に多額の資金を投入するのはどうしてなのでしょうか?

一言で言えば「投資するに値する優良通貨だから」です。

なので目を血眼にして各仮想通貨を徹底的に調べ上げなくても、この時価総額が大きい通貨を投資対象に選んでおけば、おのずと優良通貨を選ぶことに繋がっていくというわけです。

※ とはいえ全く調べないというのもどうかと思うので最低限のことは調べてください。(^_^;)

ちなみにですが株式会社で時価総額TOP15というとどういう会社がランクインするかご存知でしょうか?

以下に世界版と日本版を用意してみました。

 

世界時価総額TOP15社

source : 大和証券

 

iPhone でお馴染みの「Apple」をはじめ「Microsoft」「Facebook」「Amazon」などなど日本でも有名な大企業が名を連ねています。

次に日本版も参考までに載せておきます。こちらの方が馴染みがあるかもですね。

 

日本時価総額TOP15社

source : Yahoo! ファイナンス

 

日本の時価総額トップはご存知「トヨタ自動車」です。以下、日本人であればだれもが知っている会社ばかりが並びます。

と、このように仮想通貨TOP15に投資をするということは、上記のような会社に投資をすることと同じような意味合いとなります。

仮想通貨のことを徹底的にリサーチしなくても上位の仮想通貨に投資をしておけばまず間違いないということが、改めて分かって頂けたのではないかと思います。

さらに言えば、仮想通貨の世界は今年に入ってようやく人気に火がついた産まれ立てほやほやの市場です。

その市場にこのタイミングで参入するということは、今取り上げた時価総額上位の株式会社たちが生まれたての頃に投資できるようなものです。

そう考えればとてもワクワクしてきませんか?(^_^)

 

仮想(暗号)通貨の購入はどこでできるの?

ここまでで記事を読む前よりも仮想通貨投資にはかなり前向きになってもらっているかと思いますが、そもそも仮想通貨はどこで購入ができるかご存知ですか?

それは「仮想通貨取引所」とよばれるところです。仮想通貨を専門に扱う取引所があるんですね。

なので、その仮想通貨取引所に口座を開設し、その取引所に資金を入金して、仮想通貨を購入するという流れになります。

が、ここで注意点が一つあります。

それはどの仮想通貨取引所を選んでもいいわけではないという点です。

というのも、取引所毎に特徴があって、適当に選ぶと自分の思っていた取引ができなかったりします。

例えばこの記事では「仮想通貨TOP15の通貨に投資をすればまず間違いないです。」と書きましたが、ある取引所ではそれらの仮想通貨を取り扱っていなかったりします。せっかく口座開設したのに希望の通貨が購入できなければ意味がないですよね。

ということで、この取引所で口座を開設すれば大丈夫!というところをお伝えしておきます。

それは「コインチェック」という仮想通貨取引所です。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

この「コインチェック」の特徴の一つが「取り扱い仮想通貨数 国内No.1!」というものです。

参考までにどんな仮想通貨を取り扱っているのか画像を載せておきますね。以下13種です。

 

仮想通貨に馴染みがない方には何のことかよくわ分からない画像だと思いますが、コインチェックではこの画像にある13種類の仮想通貨を取り扱っています。

 

先程引用した仮想通貨時価総額TOP15の画像で確認してみると・・・

 

 

TOP15の仮想通貨のうちピンク枠で囲った11種類までをもカバーしているんですね。かなりの守備範囲の広さです。上位陣通貨で取り扱いをしていないものがないというのもポイント高いですね。

これが国内の他の仮想通貨取引所だと多くて5,6通貨しか取り扱っていません。もちろんそれらの取引所が悪いということではなく、それぞれ良い特徴がありはします。

ただ、この記事で紹介した投資手法を試してみたいということであれば、間違いなくコインチェックに口座を開設した方がいいです。

またコインチェックは初心者の方のことも考えてサイトもかなり分かりやすく設計されていますし、アプリもとっても使いやすいので、そういう意味でもお勧めです。もちろん口座開設は無料となっているので安心してください。

産まれたての仮想通貨市場での先行投資を、ローリスクで成功させるためにも、まずはこちらのコインチェックで投資する準備を是非整えてみてください。

仮想通貨投資で今後の人生をより豊かにしていきましょう~!(^O^)/

 

コインチェックで口座を開設したい方はこちら

【コインチェック公式サイト】

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin