宮崎駿監督の最新作「君たちはどう生きるか」の原作に注目!

宮崎駿監督の最新作「君たちはどう生きるか」の原作に注目!

2013年に長編映画制作からの引退を発表していた宮崎駿監督ですが、2017年2月にその引退を撤回して再び新作長編映画の準備に取り掛かりました。

その新作映画のタイトルが2017年10月28日に早稲田大学で開かれたイベントに出席した宮崎駿監督の口から明かされました。

タイトルは『君たちはどう生きるか』です。

これには同タイトルの原作が存在します。この記事ではその原作についてリサーチしてみました。併せて、宮崎駿監督がこの作品を作ろうと思った理由やみんなの反応も一緒に載せておきます。それではどうぞ。



『君たちはどう生きるか』について

著者・吉野源三郎について

誕生 1899年4月9日

死没 1981年5月23日(82歳没)

職業 編集者・児童文学者・評論家・翻訳家・反戦運動家・ジャーナリスト

最終学歴 東京帝国大学文学部哲学科卒業(1925年)

活動期間 1937年 – 1981年

代表作 『君たちはどう生きるか』(1937年)

デビュー作 『君たちはどう生きるか』(1937年)

source : Wikipedia

戦時を体験した吉野源三郎は、職業欄にもあるように児童文学者であると同時に反戦運動家でもありました。

原作『君たちはどう生きるか』について

1937年(昭和12年)に書かれた非常に古い作品です。

当時の日本は軍国主義が台頭していて閉そく感が漂っていました。そんな中、子供たちに自由で進歩的な文化を伝えたいとの思いからこの作品が生まれています。

スタイルは児童文学の形をとった教養本ということで難しくはないようです。

内容は、中学2年生の主人公のコペル君が世の中のいろんなことを観察・体験して人生の本質を見出していく過程を描くものとなっています。

ニュース解説でおなじみの池上彰さんも「子供たちに向けた哲学書であり、道徳の書」とコメントを寄せ、高く評価していました。

ただ、子供向けだからといって侮ることはできないようです。以下、この本を読んだ方々の実際の声も載せておきます。

昭和12年に書かれた本である。現代でも充分通じる内容だ。嫌なことだらけの世に生きる現代人こそ必読書ではなかろうか。人間として普遍的なものの考え方を教わった。間違いなく良書である。こういった本に巡り合えるからこそ読書が好きだ。

幾つになっても読んで学ぶことがある。子供向けに書かれているから読みやすいけど、内容については年齢を重ねるとともに深く理解できそう。

現在にも通用する価値観に感銘を受けるとともに、書かれた時代、社会情勢を考えると一層驚きを覚える。ぜひこどもたちにも読ませたい名著。

君ではなく「君たち」であること。「こう生きるべき」という断定ではなく「どう生きるか」という問いかけであること。定期的に読み返し、自分のものにしたい。きっとこの本からはこの先ずっと大切にしたい生き方の指針が見つけられる。

「子供向けだから」「古い本だから」というのはこの本を読まない理由にはならなそうですね。

なお、時代を超えて愛読されているこの『君たちはどう生きるか』ですが、漫画化もされています。

テレビで紹介されたこともあり33万部を突破する話題作ともなりました。この機会に一度手にとって読んでみるのはいかがでしょうか?

宮崎駿監督が『君たちはどう生きるか』を題材として取り上げたのはなぜ?

記事の冒頭でも触れたように宮崎駿監督は長編映画製作からは引退を発表していました。

その発表以降、昔からの大切な仲間を何人も亡くして自身の終焉に関してより深く考える日々が続いたそうです。

その深く考えた事柄とこの『君たちはどう生きるか』とが繋がったのだと思います。

「作るに値する題材を見出したからにほかなりません。年齢的には今度こそ本当に最後の監督作品になるでしょう。」と述べていました。

現在76歳になる宮崎駿監督からすれば、新作映画を1本作るとなるとかなりの負担がかかるはずです。

それでも映画化したいというわけですからこの『君たちはどう生きるか』にはそれほどまでの価値があるということですね。

どういう価値があるのかについてですが、宮崎駿監督は別の場所で「孫のために作っている」とも語っています。

孫のために、またその世代の多くの子供たちのためにも、道徳的に良い影響を与えたい、そんな願いがあるのではと推測します。

子供たちの道徳観を育む映画となれば、未成年の子供を持っている親の人たちにとっては特に嬉しいことではないでしょうか。

また先程紹介した原作のレビューからすれば、大人たちもまた学ばされることが多々ありそうな予感ですよね。

映画の完成がとても楽しみなんですが、宮崎駿監督曰く「完成には3年か4年かかる」そうです。(^_^;)

みんなの反応は?

と、このような反応になっていました。そういう自分もとてもとても楽しみにしている一人です。

まとめ

以上、【宮崎駿監督新作「君たちはどう生きるか」の原作に注目!】という記事タイトルでお届しましたがいかがでしたか?

映画の完成が本当に楽しみです。宮崎駿監督には無理のない範囲で映画製作を頑張って頂きたいですね。それまでの間、原作や原作の漫画などをじっくり読みながら期待を高めていくのもいいかもですね。

eyecatch photo’s source : たのにゅ~~

 

最後までお読みいただきありがとうございました!