取引所『ザイフ』の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

取引所『ザイフ』の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

会社概要

運営会社 テックビューロ株式会社
本社所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
代表取締役 朝山貴生
設立 2014年6月16日
資本金 8億3,013万円
WEB https://zaif.jp/
Facebook https://www.facebook.com/zaifdotjp
Twitter https://twitter.com/zaifdotjp

取り扱い通貨&取り扱いトークン

取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • ネム(NEM)
  • モナコイン(MonaCoin)

取り扱いトークン

  • ザイフ(Zaif)
  • カウンターパーティー(CounterParty)
  • ビットクリスタル(BitCrystal)
  • ストレージコイン(Storj)
  • フィスココイン (FSCC)
  • ぺぺキャッシュ (PEPECASH)
  • カイカコイン (CICC)
  • ネクスコイン (NCXC)

ザイフの特徴

取引手数料がマイナス0.01%でお得

ザイフではビットコインの取引をする際に手数料がマイナスになります。初めての人は「?」だと思うので少し説明を加えますね。

FXでも株でもそうですが一般的に取引手数料というのは最低でも0%、普通は取引価格の〇〇%分こちらが払うといった形が多いかと思います。

ところがザイフはこの取引手数量がマイナス0.01%に設定されているので「払う」のではなく「受け取る」ことができてしまいます。

例えばザイフでビットコインを0.5枚購入するとします。今のビットコインの価格が1枚約74万円なので 74万×0.5=37万円での購入です。この時の取引手数料は 370,000×0.0001=37となり37円貰えるというわけです。

頻繁に取引をして利ザヤを稼ぎたい人(スキャルピングをしたい人)や巨額の取引をする方にとってはこの手数料マイナス0.01%はとても嬉しい仕組みといえます。そうでなくても取引をした分だけお金が貰えるというのは誰でも嬉しいものですよね。

※ 手数料をもらうためにはSMSと身分証明書(免許証など)による本人確認が必要です。詳しくは公式サイトで確認ください。

※ 1取引当たりにもらえる取引手数料の最大限度額は200円となっています。

※ 記事執筆時点(2017/11/01)ではキャンペーンが実施されていてビットコインの取引手数料が-0.05%になっています。これはかなりお得ですね!今だけの期間限定キャンペーンです。

年率最大3.6%のログインボーナスが貰える

通常ビットコインを持っているだけでは、価値が変動することはあっても銀行預金のように利息が付いて金額が「増える」ということはありません。

しかしザイフでは条件を満たすと『Zaif Exchange』に預けたビットコイン残高(前日)の0.01%分のボーナスを貰うことができます。本当に預金利息みたいな感じですね。

1年間に換算すると所持しているビットコインの3.6%分のボーナスが貰える計算になります。

以下の3つの条件を満たしていれば、毎日ログインする度にそのボーナスを受け取ることが可能になります。

条件1:SMSと身分証明書(免許証など)による本人確認を済ませること
条件2:前日のビットコイン残高が3.0BTC以上であること
条件3:直近3か月の取引高が10万円以上であること(※)

※ この後取り上げる「コイン積立」をしていれば条件3は免除になります。

なお、 このログインボーナスの対象になるのはビットコインのみです。モナコインなどは対象外なのでご注意ください。

また、1日にもらえるボーナスの上限額は100円なので、年間の最大ボーナス額は 100円 x 365日 = 36,500円となります。

ログイン>アカウント>ログインボーナス から受け取ることができます。

コイン積み立てができる

「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」ザイフではそんな方にピッタリな投資方法が提供されています。それが「コイン積み立て」です。

指定した銀行口座から毎月固定額を自動で引き落とし、その金額で仮想通貨を自動で買い付け、コツコツと積み立てをすることができます。

積立額はもちろんこちらで指定が可能で、1000円以上で1000円単位で最大100万円までの設定ができます。小額からでもいけるのでとてもお手軽です。

例えば毎月の積み立て額を1万円とした場合、1ヶ月の日数分で1万円を割り、その1日当たりの金額で毎日通貨を自動で買い付けしていくことになります。いわゆる「ドル・コスト平均法」と呼ばれる投資スタイルになります。

毎日の購入金額は固定なので、通貨の値段が高い時は少量購入、通貨の値段が安い時は大量購入となり、リスクを分散させることができます。

なおコイン積立が可能な仮想通貨は以下の3通貨となっています。

  • ビットコイン(BTC)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアム(ETH)(NEW! 2017/10/24から取り扱い開始)

長期投資のスタイルとしては王道の投資法となるので、これからの仮想通貨時代を見据えて長期投資をしたいけど、忙しくて時間が取れないというような方には特におすすめのサービスです。

取引価格が他社と比べて安い

ザイフは板取引と呼ばれる取引ができるので通貨の取引価格が他社に比べて安いのが特徴です。

個人的にはザイフでモナコインの板取引をしているんですが、このモナコインの板取引価格を例に取っても圧倒的にザイフが安いんですね。このためにザイフで取引口座を開設する人もかなり多いのではないでしょうか。

取引をする利用者の観点からは「取引通貨価格の安さ」というのはとても大事な部分になってくるので詳しく個別記事で書いています。詳細は以下の関連記事から確認ください。

モナコインの取引を考えている人はザイフで取引することをお勧めします。本当にお得なので。あと、仮想通貨ネムの取引価格も安いですよ。

個人的な評価

個人的に「ザイフ」「ビットフライヤー」「コインチェック」の3つの取引所の口座を持っているんですが、その中でも一番利用するのがこのザイフになります。

理由は何と言っても「取引価格の安さ」に尽きますね。

確かにビットフライヤーやコインチェックに比べると企業規模は小さくて安定感・安心感では負けてしまいますが、それ以上に魅力的な取引価格を提供してくれているので一番利用しています。

それからザイフでしか取引できないものもかなりあります。個人的にはトークンのペペキャッシュにも興味があります。そんな他社では取り扱っていないトークンに興味があればやはり迷わずザイフでしょうね。

ただ、取引画面が、PCにしろ、スマホやタブレットのアプリにしろ、ちょっと分かりにくいかなと感じる部分があります。慣れが必要ですね。

それと時々アクセスがしづらくなることがあるので、仮想通貨取引で短期売買をしたいという方にはあまりお勧めはしません。

それから全然関係のない話になりますが、個人的にモナコインを応援していて、ザイフさんはかなり昔からそのモナコインを取り扱ってくれていたんですね。そういう意味でもザイフ推しなところがあります。(^_^;)

 

ザイフに無料登録したい方はこちら

【ザイフ公式サイト】

まとめ

以上【取引所『ザイフ』の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について】というタイトルでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事だけでも分かって頂けるかと思いますが、仮想通貨取引所はそれぞれに特徴があります。一長一短な感じです。

なので仮想通貨取引がしたいという時に一つの取引所だけで口座開設しておけばそれでOK!とはなかなかいきません。

上手に取引をしたければ複数の取引所で口座を開設してそれぞれの取引所の特徴を生かすべきです。そうすることで投資のリスクも分散されます。

当ブログでも一貫して複数の取引所の口座開設をお勧めしています。お勧めしている取引所は「ザイフ」「ビットフライヤー」「コインチェック」の3社です。この3社を押さえておけば間違いありません。

以下に、各取引所の口座開設方法を説明した記事リンクや口座開設ができる公式サイトのリンクをご用意しましたので、よければ活用して下さい。(^_^)

 

各取引所の口座開設方法はこちら

 

各取引所の口座開設はこちら

ザイフ公式サイト

ビットフライヤー公式サイト

コインチェック公式サイト

 

最後までお読みいただきありがとうございました!