モナコインチャート分析:2017年10月の値動きの振り返り&今後は?

モナコインチャート分析:2017年10月の値動きの振り返り&今後は?

仮想通貨・モナコインにどっぷりはまっているRealtime Research の管理人です。この記事では先月2017年10月のモナコインの値動きをチャート共に振り返ってみようという記事になっています。

そして管理人の「11月以降の今後の値動きはこうなるのかも?」という独断と偏見に満ち溢れた予想も入れてます。笑

素人の一個人の予想なので絶対に参考にしないでくださいね。笑 (まぁ、そんな勇敢な人が現れるわけもないですが。)それではどうぞ。

※「そもそもモナコインについてあまりよく分かってないんだけど・・・」という方は以下のまとめ記事もどうぞ。

モナコインチャート:2017年10月の振り返り

まずは2017年10月のチャートを載せておきます。

source : zaif.jp

2017年10月はモナコインにとって歴史的な月となりました。月初はこれまでと同じ平常運転で60円~70円をうろうろしていたのが、徐々に徐々に値上がりを始めて12日から14日にかけて大暴騰・・・!!

一気に700円オーバーの値を付けに行きました。2週間余りで10倍の価値に膨れ上がるという凄まじい値動きです。

モナコインの黎明期に大量にホールドしていたモナコイナーは狂喜乱舞だったですよね、きっと。笑 おめでとうございます!!

10月12日~14日のモナコインの暴騰理由は?

さて、この爆上げですが、10月2日にビットフライヤーがモナコインの取り扱いを始めたことが要因だと言われています。

その後国内で徐々にモナコインに資金が集まり始め、それが海外勢の知るところとなり、海外のモナコインを扱う取引所でもモナコインに投資資金が流入し、一気に爆上げという流れではないでしょうか。

確かなことははっきり分かってはいないんですが、爆上げの時期の大きなニュースとなるとビットフライヤーへの上場のみなので、そういった見方が大半ですし、自分もそうなんだろうなと思います。

10月14日以降のモナコインの値動きについて

10月14日に700円オーバーの驚異的な値を付けたモナコインはその後急落しています。これはモナコインに限ったことではなく、ほとんどの仮想通貨も同様の値動きをします。もっと言えばFXでも株でも同様です。

人間心理として、自分の持っているコインやリアル通貨や株が急騰して5倍にも10倍にも価値が膨れ上がれば売却して利益を得たいと思いますよね。そしてせっせと売り始めます。これが急騰の後の急落の理由です。

モナコインの今回の値動きに関しても同様です。ただ、モナコインは仮想通貨というできたてのジャンルの中のアルトコインというマイナー通貨にあたるので、その値動きの幅が尋常ではないです。(;^_^A

さておき、10月後半のチャートの形を見る限りでは、モナコインを売りたいという人の勢いも一段落したのかなという風にも見えます。

では11月はどのような展開が考えられるのでしょうか?ここからは当ブログ管理人の勝手な予想を適当に書いてみたいと思います。「こいつなんか言ってるぞ。何も分かってないな。笑」と読み流してやってください。(^_^)

モナコインチャート:今後(2017年11月)の値動き予想

まずはこちらの画像を載せておきます。

source : zaif.jp

先程の10月のモナコインチャートに1本ラインを引いてみました。株やFXの経験者にとってはおなじみの「水平線」です。「ホライゾンライン」「ホリゾンタルライン」と呼ぶ人もいるみたいです。

10月のチャートの形を見る限りこの水平線の270円付近がかなり意識されているように見えます。意識されているというのは270円付近ではモナコインを買いたいと考えている人がとても多いということです。

10月15日(①)、10月18日(②)、10月21日(③)と3回も買い勢力が勝利しています。11月初頭(④)もこの270円付近が強く意識されていることを伺わせるチャートの形になっています。

これを根拠とすれば今がまさに底の状態で今後はまた上向き方向に伸びていく可能性が高いと言えるかもしれません。(予想①)

しかし、万が一この水平線を下に割ってくるようであれば売り勢力が極めて強いということになります。

その場合はテクニカルの王道の値動きとして、いったん270円をぐっと下回る価格まで売られ、その後270円の水平線付近まで買戻しが入り、その270円付近で再度売り圧力が入るという流れになります。王道の動きをすればですが。(予想②)

予想①と予想②のどちらの方向に動いていきそうなのか、11月初旬に様子を見定めるといったところではないでしょうか。

モナコイン関連の気になる動き

管理人の意味不明な予想はさておき、ネットでうろうろしながらモナコインのことについて見ているとTwitterでこんなものを見つけました。

https://twitter.com/wadakooo/status/918757701336801280

10月13日の出来事ですが、田中さんが「国内でまだモナーコインを取り扱っていない取引所はどこかなっと…」とのつぶやきに対して、和田晃一良さんが「むむっ?」っと反応しているツイートです。

このやり取りのどこが気になるのかですが、実はこの和田晃一良さんという方、日本の仮想通貨大手取引所の一つ「コインチェック」の代表取締役(!)なんですね。

ということは、時期は分からないにしても(もしかしたら近い内に?!)コインチェックでもモナコインが上場して取引対象通貨になる可能性が十分あるということではないでしょうか。

となれば思い出されるのがビットフライヤー上場後のモナコインの値動きですよね。流石にあそこまでの値動きはもうないにしても(^_^;)、新規の買い勢力が流入してきてモナコインの値上がりを期待できるかもしれません。

モナコインを応援する当ブログとしては是非ともそうなってほしいと願うばかりです。ということで和田さんぜひぜひモナコインを取り扱い通貨に含めてください!お願いいたします!!

モナコインを購入してみたい方へ

日本では今年が仮想通貨元年と言われていて、本格的に勢いがついてくるのはこれからだと見られています。ビットコインですら知られ始めてきている程度の今、この価格の安いモナコインに初期投資をしておけば大きく成功する可能性は十分あります。

現状、日本国内でモナコインが購入できる大手仮想通貨取引所は「ザイフ」と「ビットフライヤー」の2社になります。モナコインを購入したい方はこのどちらかの取引所で口座開設をしてからの購入という形になります。

 

が、当ブログではモナコインの購入に関しては一貫して「ザイフ」での購入をお勧めしています。理由を簡単に言うと「ザイフ」でモナコインを買う方が安く買えるからです。

その点については以下の記事で説明させてもらっているので詳しく知りたい方はどうぞ。

 

ただ分かりやすさという面では「ビットフライヤー」の方が上なので、安さにはこだわらないという初心者の方は「ビットフライヤー」での口座開設もありです。

いずれにしろ、口座開設をしないことにはモナコインを買えないので、また、口座開設自体は無料でできるので、とりあえず開設することを強くお勧めします。

ことザイフさんに関しては、現在、口座開設者が非常に増えていて、口座開設完了までに10日ほど時間がかかっている状況です。

もし今後「モナコインは今が買い時!すぐに買いたい!」という状況が来た時でも、口座を開設していなければそのタイミングから10日ほど時間が流れてしまうので買い時を逃してしまいます。

今後に備えるという意味でも「今」口座開設だけでも済ませておくのは賢明だと思います。

以下に口座開設ができる公式サイトリンクを載せておくのでよければ利用してください。(^-^)

 

「ザイフ」で口座開設したい方はこちら

ザイフ公式サイト

 

「ビットフライヤー」で口座開設したい方はこちら

ビットフライヤー公式サイト

 

時間の余裕があればこうしたチャート分析&予想記事を毎月書いていければいいなと考えています。気になる方(←まぁ、いないんですが。笑)はまた遊びに来てください。(^_^)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!