取引所『ビットフライヤー』の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

取引所『ビットフライヤー』の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

会社概要

運営会社 株式会社 bitFlyer
本社所在地 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
代表取締役 加納裕三
設立 2014年1月9日
資本金 41 億 238 万円(資本準備金含)
WEB https://bitflyer.jp/
Facebook https://www.facebook.com/bitflyer/
Twitter https://twitter.com/bitFlyer

2017/10/30に東京ミッドタウンへ移転した新本社ビルの外観

 

新本社ビル8Fエントランス

取り扱い通貨

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)
  • ライトコイン(LiteCoin)
  • モナコイン(MonaCoin)

ビットフライヤーの特徴

仮想通貨取引量・ユーザー数・資本金 No.1!

ビットフライヤーは日本国内にある仮想通貨取引所の中で取引量・ユーザー数・資本金の面で第1位を獲得しており、非常に人気のある取引所となっています。(2017/11現在)

裏を返せば信頼できる取引所・安心感のある取引所ということになります。

その理由ですが大手企業から多額の出資を受けていること、CMによる認知度が高いことなどが考えられます。

ビットフライヤーに出資している企業群ですが、三菱UFJ、三井住友、みずほ、電通、リクルート、第一生命、GMOと、国内の名だたる銀行系企業、FX系企業などがあります。

そうそうたる顔ぶれですよね。ビットフライヤーが倒産して利用者が被害に遭う心配はまずないと言えそうです。

 

2017/11現在オンエアされているCM動画も一緒に載せておきますね。皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

成海璃子さん「まさに新しいお金の発明かもしれません。ねぇ、ダヴィンチさんっ!」

ビットコインが無料で貰える!

ビットフライヤーではビットコインを無料で貰うことができます。もちろん無条件でばらまかれるのではなく、ビットフライヤー経由でショッピングをしたり、サービス予約をしたり、アンケートに回答したりすることで貰えるというシステムです。

以下、具体例を幾つか取り上げてみますね。

登録で貰えるタイプ

インターネット回線や動画配信サービスなどに登録・契約をすることでビットコインが貰えます。貰えるビットコインは該当商品の下に記載されていて、上記画像例で言えばNTTフレッツ光と契約すれば15000円相当(時価換算)のビットコインが貰えるという具合です。

ショッピングで貰えるタイプ

ビットフライヤー経由でネットショッピングをすることで商品購入額の0.6%相当のビットコイン(時価換算)を貰うことができます。

画像にもあるように「ZOZOTOWN」「YAHOO!ショッピング」「楽天市場」など日本を代表するショッピングサイトが使えるのでこれを利用しない手はないかと思います。


以上、参考までに「登録」タイプや「ショッピング」タイプをご紹介しましたが、ほかにもクレジットカードを作ったり、アンケートモニターになったり、予約サービスを利用したりと、多種多様な方法でビットコインを貰うことができるようになっています。

「ビットコインに投資はしたくないけど無料で貰えるんだったら欲しい!」という方でもビットフライヤーに登録すれば上記の方法でタダで貰えますよ。もちろんビットフライヤーへの登録も無料で簡単にできます。

 

登録したい方は以下の公式サイトリンクからどうぞ。

【ビットフライヤー公式サイト】

 

ビットコインが使える!

ビットフライヤーではビットコインを使ってショッピングができるサイトが用意されています。現状では主にAmazonギフト券への交換にのみ利用できます。

ただAmazonギフト券に交換できるということは実質ほとんどのものを購入できることと同じですので、そういう意味ではビットコインを使って幅広く買い物ができると言えます。

ビットコインは価格の変動差が激しいので、安い時にビットコインを買っておいて高くなった時にそのビットコインでAmazonギフト券を買えばお得にお買い物ができることになります。

そんな裏技を利用するためにビットフライヤーに登録する人も結構いますね。

 

登録したい方は以下の公式サイトリンクからどうぞ。

【ビットフライヤー公式サイト】

 

不正ログインによる出金を補償!

source : bitflyer.jp

ビットフライヤーでは第三者による不正ログインで日本円が不正に出金されてしまった場合に補償してくれるサービスがあります。

ビットフライヤーに預けている資産が日本円換算で100万以上の人は年間最大500万円まで、それ以下の人は年間最大10万円まで保証してくれます。

ただし本人確認を済ませ二段階認証設定を利用していることが条件になります。また、日本円の不正出金には対応していますが、仮想通貨の不正出金・送金などには対応していません。

個人的な評価

ビットフライヤーは仮想通貨取引を始めてみたいという人、特にビットコインに興味がある人には間違いなくお勧めの取引所です。ビットコインのためにある取引所と言ってもいいのではないでしょうか。

国内の他の取引所でも当然ビットコインの取り扱いはしていますが、ビットフライヤー程ビットコインに力を入れている取引所は他にありません。

ビットコインは仮想通貨の中の基軸通貨と言われています。(今の世界のアメリカドルのような存在ですね。)今後も仮想通貨界を牽引していく存在であることは間違いありません。

そんなビットコインから仮想通貨取引を始めてみたいのであればビットフライヤーを選んでおけば絶対に間違いありません。

また、大手企業のバックアップ体制もしっかりしていますし、セキュリティも当然しっかりしています。安心感のある、安定した取引所で仮想通貨投資をしたいということであればやはりビットフライヤーは欠かせない取引所と言えます。

ただ、大手の企業全般に見られる傾向ではありますが、手数料や取引価格が他の取引所に比べて総合的に高めに設定されています。

通信業界でもそうですよね。ドコモ・au・soutbankは大手ゆえの安心感・安定感がありますが利用料金は高いです。一方、MVNO系列(俗にいう格安スマホ)は安心感・安定感は大手に比べれば劣るものの料金は安く済みます。

ビットフライヤーは通信業界でいうドコモやauやSoftbankといったキャリア企業のようなものとイメージしてもらうと分かりやすいのではないかと思います。安心・安全・高品質を求める方には自信を持ってお勧めできる取引所です。

 

ビットフライヤーで仮想通貨取引をしてみたい方はこちら

【ビットフライヤー公式サイト】

まとめ

以上【取引所『ビットフライヤー』の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について】というタイトルでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事だけでも多少分かって頂けるかと思いますが、仮想通貨取引所はそれぞれに特徴があります。一長一短な感じです。

なので仮想通貨取引がしたいという時に一つの取引所だけで口座開設しておけばそれでOK!とはなかなかいきません。

上手に取引をしたければ複数の取引所で口座を開設してそれぞれの取引所の特徴を生かすべきです。そうすることで投資のリスクも分散されます。

当ブログでも一貫して複数の取引所の口座開設をお勧めしています。お勧めしている取引所は「ザイフ」「ビットフライヤー」「コインチェック」の3社です。この3社を押さえておけば間違いありませんし、私自身もこの3つで口座開設しています。

以下に、各取引所の口座開設方法を説明した記事リンクや口座開設ができる公式サイトのリンクをご用意しましたので、よければ活用して下さい。(^_^)

 

各取引所の口座開設方法はこちら

 

各取引所の口座開設はこちら

ザイフ公式サイト

ビットフライヤー公式サイト

コインチェック公式サイト

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で