【画像付き】徹底解説!GMOコインで口座開設する方法と手順!

【画像付き】徹底解説!GMOコインで口座開設する方法と手順!

仮想通貨。最近この言葉を耳にすることも多くなってきたのではないでしょうか?例えば「ビットコイン」などが有名ですよね。

2017年は仮想通貨元年と呼ばれています。2018年以降はこの仮想通貨ブームが日本を含め世界中に更に広がっていきます。

ここ日本でも仮想通貨取引ができる場所(仮想通貨取引所)がいろいろと増えつつある玉石混交な状態の中、ここで取引すれば間違いないという取引所を厳選して皆さんにご紹介します。

今回ご紹介するのは記事タイトルにもある通り「GMOコイン」です。以下に画像付きで口座開設する方法を説明しています。それではどうぞ。

※ PCで口座開設する方法・手順となっています。スマートフォンから開設する場合は多少異なる部分もあるかと思いますが、基本的には同じ流れとなっていますので読んで頂くと参考になるかと思います。

 

「説明読むとかめんどくさい。早く口座開設したい!」

そんな方はこちらからどうぞ。

GMOコイン

GMOコインで口座開設する方法と手順!

まずは公式サイトにアクセスします。 → 【GMOコイン公式サイト】

「無料口座開設」ボタンをクリックします。

メールアドレスを入力し、「わたしはロボットではありません」の横のチェックボックスにチェックを入れ、「無料口座開設」ボタンをクリックします。

※ 今回は誰もが利用できるメールアドレス経由での口座開設方法について説明していきます。画像にもあるようにFacebookアカウントやGoogleアカウントを利用した口座開設も可能です。

「認証メールを送信しました。」とのアナウンス画面が出てきますので、早速、入力したメールアドレスにメールが来ているか確認します。来ていない場合は「迷惑メールフォルダ」に振り分けられている可能性があるのでそちらも併せて確認してみてください。

メールボックスを確認すると「【GMOコイン】登録メールアドレスのご確認」というタイトルのメールが送信されています。そのメールを開くと「こちらのリンクから、パスワードを設定してください。」とあるのでその下のURLリンクをクリックします。なお、リンクの有効期限は1週間となっています。

パスワード設定画面が表示されます。パスワードを入力し、確認のため同じパスワードをもう一度入力し、「設定する」ボタンをクリックします。

パスワードの設定が完了したことを確認し「ログイン画面へ」ボタンをクリックします。

ログイン画面が表示されるので、登録したメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックします。

「口座を開設する」ボタンをクリックします。

※ 口座を開設しないと仮想通貨の購入ができません。必ず口座開設をしてください。なお、上記画像では30,0000satoshiプレゼントとありますが現在はそのキャンペーンは終了しています。ご了承ください。

 

口座開設申し込み画面が表示されます。個人情報を入力し、最後の「同意する」ボタンをクリックしてチェックを入れます。

 

「確認画面へ」ボタンが「確定」ボタンに切り替わります。その「確定」ボタンをクリックします。

本人確認方法の選択画面が表示されます。2通りの方法を選ぶことができますが、今回わたしは「2.受け取り時に本人確認をする」を選びました。

理由は「1.本人確認書類の画像をアップロード」を選択すると手間がかかるからです。免許証の画像をスマホで撮影してアップロードしなければいけません。

しかし②の方法だとその手間が不要です。後日、GMOコインから本人確認はがきが送られてきますが、その時に配達員の人に免許証を見せるだけでOKとなります。

「配達員に免許証を見せるのが嫌な人」「宅配ボックスで受け取りたい人」「健康保険証を利用したい人」「住民票の写しを利用したい人」などは①の方法で本人確認を済ませてください。

先程の画面で「2.受け取り時に本人確認をする」を選ぶと「受け取り時本人確認」の説明ページが出てきます。

後日GMOコインから送られてくる本人確認はがきを受け取る際に「運転免許証」「マイナンバーカード」「パスポート」「在竜カード」「特別永住者証明書」のいずれかを提示して本人であることを証明する必要があります。

通常であれば免許証の提示ということになるかと思います。有効期限が切れていないかどうかだけ事前に確認しておいてください。

配達希望日時があれば指定し、特になければそのまま「受取時本人確認と日時を確定する」ボタンをクリックします。

「受取時本人確認の受の付完了」画面が表示されれば口座開設はひとまず完了となります。お疲れさまでした。(^_^)

 

口座開設後の流れ

上述したように後日GMOコインから本人確認を兼ねた口座開設コードが配達されます。それを受け取り、そのコードをサイトに登録することで口座開設が正式に完了となり、仮想通貨取引ができる状態となります。

以下、その手続き部分についても説明しておきます。

GMOコインから上記画像のように口座開設コードが記載された書類が送られてきます。

※ 私の場合、佐川急便さんによる配達でした。「受取時に本人確認をする」を選択していたので、免許証を提出し、配達の方が専用の機械を使って2分ほどで確認作業を行っていました。ちなみにサイト登録から書類配達までにかかった日数は1週間です。

書類に記載されている6桁の口座開設コードを確認したら、GMOコイン公式サイトへアクセスします。

「会員ホーム」ボタンをクリックします。

「口座開設手続きのご案内」画面に切り替わります。6桁の口座開設コードを入力し「口座開設」ボタンをクリックします。

2段階認証の設定画面になります。「利用する(SMSを送信)」ボタンをクリックします。 ※ セキュリティ上、この2段階認証は必ず設定しておいてください。

自分のスマートフォンのSMSに6桁の認証コードがGMOコインより送られてきます。その6桁の数字を確認します。

送られてきた6桁の数字を入力し「認証する」ボタンをクリックします。

これで口座開設は正式に完了となります。お疲れさまでした。

※ 2段階認証を設定すると、次回からのログインの際に、6桁の認証コードが口座開設時に登録したメールアドレスに配信されるようになります。その認証コードを使ってログインします。なお、認証コードの有効期限は5分間となっています。

後はGMOコインが指定する銀行口座に資金を送金し、仮想通貨取引スタート!です。(^_^)

 

まとめ

以上【画像付き】徹底解説!GMOコインで口座開設する方法と手順!というタイトルでお届けしましたが、いかがだったでしょうか。

登録自体は無料で簡単にできますし、登録完了まで数日かかることを考えれば(わたしの場合は1週間かかりました。)、先に登録だけ済ませておいていつでも仮想通貨取引ができるようにしておくというのも一つの手だと思います。

後日、仮想通貨の買い時が訪れてから口座開設に取り掛かっていたのでは、購入のタイミングを逃すことになって、ある意味損をすることになってしまうので早く口座開設しておくことに越したことはないです。

ということで早速GMOコインで口座開設をしたいという方は以下の公式リンクから無料登録ができるのでどうぞ。

 

無料口座開設はこちら

【GMOコイン公式サイト】

 

加えて当サイトでは仮想通貨取引をするにあたって「コインチェック」「ビットフライヤー」「ザイフ」といった国内3大取引所での口座開設もおすすめしています。興味がある方は以下の関連記事もどうぞ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

GMOコイン

 

国 内 人 気 取 引 所 一 覧

取 引 所 特 徴
bitFlyer 世界一のセキュリティランクで安心!
Zaif 「コイン積立」で堅実な投資が可能!
bitbank アルトコインを国内最安値で購入可能!
GMOコイン スマホで快適にビットコインFX!
BINANCE 総合力No.1!世界一の取引所!

 

 

取 り 扱 い 通 貨 比 較 表

bitFlyer Zaif bitbank GMOコイン
BTC
ETH
XRP × ×
BCH
XEM × ×
MONA × ×
LTC ×
EOS × × × ×
ADA × × × ×
IOTA × × × ×
NEO × × × ×
OMG × × × ×
TRX × × × ×

BTC ビットコイン  ETH イーサリアム  XRP リップル  BCH ビットコインキャッシュ  XEM ネム  MONA モナコイン  LTC ライトコイン  EOS イオス  ADA エイダ  IOTA アイオータ  NEO ネオ  OMG オミセゴー  TRX トロン

 

 

初 心 者 用 記 事 一 覧