今から仮想(暗号)通貨投資を始めても遅くないと言える理由!

今から仮想(暗号)通貨投資を始めても遅くないと言える理由!

ビットコインの価格が凄いことになってます。(;゚Д゚)

この記事の執筆時点で94万8900円!!

そしてこんなチャートを見たりするとこう思ってしまいますよね。

「仮想通貨投資には興味があるけど今から始めるのはもう遅いのかなぁ・・・」

でも大丈夫です。今からでも全然間に合います。そう言える理由をこの記事で書いているので是非ご覧ください!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

イノベーター理論上はアーリーアダプター期

イノベーター理論って聞いた事がありますか?

その理論でいくと仮想通貨投資は今から始めても全然遅くないというのが見えてきます。

イノベーター理論というのは1962年にスタンフォード大学のエベレット・M・ロージャスが提唱した理論になります。

新サービスの市場浸透に関する理論なんですが、小難しい話はさておきその理論を図に表したものがこちら。

source : hachi-style.com

「新サービスはイノベーター~ラガードまでの5段階の購入者層を経て広がっていきますよ。」というものです。

  • イノベーター(2.5%)⇒ 新サービス導入に最も積極的
  • アーリーアダプター(13.5%)⇒ 新サービス導入にかなり前向き
  • アーリーマジョリティ(34%)⇒ アーリーアダプターの動向を見て新サービス導入
  • レイトマジョリティ(34%)⇒ 大多数が使用しているのを見てからようやく新サービス導入
  • ラガード(16%)⇒ 新サービスに対して周囲がどれだけ勧めても必要ないと判断したら受け入れない

 

で、これを仮想通貨という新サービスに当てはめてみるとどうなるかというと・・・

 

イノベーター(2.5%)

2009年に初の仮想通貨ビットコインが誕生した時にマイニングしてた人たち

ピザ2枚を10,000ビットコインで買ってたような人たち

※ 因みに今は1ビットコインが90万円ほどするので、この時ピザを買った人は時価90億円で買ったことに!悔やみきれないでしょうね。(^_^;)

 

アーリーアダプター(13.5%)

ブログ・動画・各種SNSで仮想通貨投資について積極的に情報発信してる人

それらの情報を積極的に集めて仮想通貨投資を検討している人(今のあなたがまさにそうです!)

 

アーリーマジョリティ(34%)

周囲の話題の中でも仮想通貨投資の話が広く一般的になり「仮想通貨投資か、どれ、やってみようか。」という人

※ ここが仮想通貨投資が爆発的に広がる時期になります。なのでこの時期の前に仕込むのが大きなポイントです。

 

レイトマジョリティ(34%)

「仮想通貨投資をやっていないと『絶対やった方がいいよ!』って言われるんだよね。だからとりあえず口座開設だけはすることにしたんだよ。」という人

 

ラガード(16%)

「べっどごいん?なんだべそりゃ?んなもんなくても生きていけるだべさ」というおじいちゃん(笑)

 

・・・と、最後のラガードゾーンだけ急に開きがありますが(笑)、きっとこんな感じです。きっと。

で、ここでもう一度冒頭の画像を見て頂きたいわけです。

もし今の仮想通貨界がアーリーアダプターゾーンだとしたら、アーリーマジョリティからレイトマジョリティにかけて市場が成熟していく中で、投資利益がびっくりするくらい出るというわけなんですね。

※ ピンク曲線と重なっているグレー曲線が市場の成長曲線を表しています。念のため。

ただここで一つ疑問が出ますよね?

「何を根拠に今がアーリーアダプターの時期だって言えるの?」と。

たしかに一ブログ管理人の戯言など何の信ぴょう性もないのは承知してます。(^_^;)

ということで、続く部分では「今が仮想通貨投資におけるアーリーアダプターゾーンだと言える根拠」について書いてみようと思います。

仮想(暗号)通貨界がアーリーアダプター期と言える根拠について

いろいろな切り口で根拠の提示はできます。

例えば「仮想通貨全体の時価総額が大きくないのでまだ伸びしろがありますよ。」とか「取引量が株式投資などと比べると少ないのでまだまだこれからですよ」といった具合ですね。

ただ今回は分かりやすいように「認知度調査」という切り口で書いてみようと思います。

アメリカのアンケート結果

アメリカでビットコインに関する認知度調査が行われ、その結果が2017/09/20に記事として取り上げられていました。詳細はこちらの記事から確認してみてください。

⇒ 【ビットコインの米国での認知度は約8割、市場の成長に期待】

内容を要約すると

  • 「ビットコイン」の名前を聞いたことがあるのは米国民の78.50%だが、実際に所有したことがある人はわずか14%
  • 将来的に使用を検討したいと考えている人は40%
  • ビットコインが「イノベーターや早期採用者」たちが使う商品からマスマーケットで使われる通貨になるまでにはまだ長い時間がかかるだろう

といった記事になっています。

調査対象者数が明らかにされていないので参考程度な記事にはなりますが、雰囲気をざっくりと掴むことはできるかと思います。

ビットコインの認知度自体は上がってきているものの、実際の購入者(投資経験者あなど)はまだ少なく、これからその購入者が増えそうということですね。

日本のアンケート結果

同時期、日本でも認知度調査が行われました。こちらはYahoo!によるかなりきちんとした調査です。

⇒ 【仮想通貨の購入や利用に興味ある?(Y!ニュース意識調査)】

 

で、結果がこちら。

一目瞭然ですね。

仮想通貨をすでに購入・利用している人はわずか3%!!

仮想通貨の購入・利用に興味がある人はわずか9.9%!!

2か月前のデータになるので現在はもう少し購入・利用者が増えていると思いますが、それでもごくごく一部であることが分かって頂けるかと思います。伸びしろが半端じゃありません。

 

ついでにもう1本国内のデータを投下しておきます。

こちらはアンケートで有名なマクロミルが実施した「1万人に聞く、ビットコイン利用実態把握調査」という調査で、HoNote(ホノテ)さんが記事にしています。

調査時期が10月中旬(2017年10月18~19日)なのでYahoo!の調査よりも鮮度がいいです。

【話題のビットコイン、知ってる?持ってる?ビットコインに関する調査】

 

で、調査結果がこちら。

【ビットコインの認知度について】

source : HoNote

 

【ビットコイン購入経験率について】

source : HoNote

これらをまとめると、ビットコインについて知っている人は88%だけど、実際に保有している人はわずか2.7%で、やっぱりまだまだ伸びしろしっかりありますよ!と言うことですね。

 

以上、仮想(暗号)通貨界はまだ「アーリーアダプター期」と言える根拠について書いてみました。

全体として言えるのは「認知自体はされているものの実際に行動に移して仮想通貨投資を始めている人はごくごくわずか」ということですね。

今後、仮想通貨や仮想通貨投資がより広く一般的に知られるようになり、大手証券会社など(野村証券・大和証券・みずほ証券・楽天証券などなど)が本腰を入れて乗り出してきたときに爆発が始まるということです。(ワクワク!!)

仮想通貨投資のチャンスを逃さないためにどうしたらいいの?

さて、今の時期はまだ「アーリーアダプター」の時期だと分かれば必然的に「この投資チャンスを逃してはいけない!」となりますよね。当然です。

どうすればいいんでしょうか?

答えは簡単で『仮想通貨を購入して投資する』ということです。

ただ「どの仮想通貨を購入すればいいのか分からない」「どこで購入すればいいのか分からない」という声もあるかと思います。

そんな方はぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

 

が、「事は1分1秒を争う!!早く投資を始めたい!!どうすれば?!」という方もおられるかもしれません。(いない)(^_^;)

そんな方には、仮想通貨が買える初心者向きの取引所「コインチェック」がお勧めです。以下の公式リンクから無料で口座開設できるのでどうぞ。

⇒ 【コインチェック公式サイト】

ただ、口座開設を先に済ませるのは悪いことではないんですが(開設まで時間が1週間くらいはかかるので。)最低限の仮想通貨の勉強をしてから始めるようにはしてくださいね。

当ブログでは初心者向けの記事なども書いているのでよければ参考にしてみてください。

まとめ

仮想通貨(ビットコインなど)に手を出すのはもう遅いという意見が一部にはあるかもしれません。

でもそれは間違っていると思います。個人的には「これから」が仮想通貨投資(ビットコイン含め)の本格シーズンだと思っています。

2018年から2019年にかけてはかなり凄いことになっていくんじゃないでしょうか。

なので当然わたしも仮想通貨に投資をしていますし、こうしたブログ活動で仮想通貨界を盛り上げていければとも思っています。

この記事を読まれたあなたにも是非この投資チャンスを逃すことなく活かしてもらえればと思います。こんな大きなチャンスは本当にそうそうはないです。

一緒に「億り人」目指して頑張っていきましょう!(^O^)/

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin