仮想通貨相場大暴落で阿鼻叫喚!!その理由は?今後はどうなる?!

仮想通貨相場大暴落で阿鼻叫喚!!その理由は?今後はどうなる?!

2018年1月17日早朝、仮想通貨相場全体に大暴落が起こりました。この記事ではその時の様子や理由をお伝えし、今後どうなっていくのか当ブログ管理人の独断と偏見で予想を書いて見ようと思います。

それではどうぞ。



仮想通貨相場大暴落・・・!!!

まずはポインさんのツイートをお借りして大暴落の様子をお届けです。

見事なまでに真っ赤&軒並み40%~60%越えの大暴落。凄まじいの一言ですね・・・。

 

続いて三上洋さんのツイートを拝借させて頂きます。仮想通貨の王様ビットコイン(BTC)の100万円割れのスクショ画像です。

昨日の夕方頃の暴落がかわいく見える今朝がたの大暴落・・・。断崖絶壁です。(^_^;)

 

仮想通貨投資家たちの反応は?

今回の大暴落を受けて仮想通貨投資家たちはどうなっているんでしょうか?話題のツイートを集めてみました。

多くの仮想通貨投資家たちの心理を見事に描写していると思われる@toukiunyoさんのツイート。

本当にどうしたらいいのか分からなくなっていそうです・・・。

 

ネオおじさんはコインチェックのチャット画像を紹介されてました。

そちらを覗いてみると「もう無理です」「終わりの終わり」などなど恒例の文言がずらずらっと並んでいますね・・・。

 

ネコニーさんはそんな新規仮想通貨投資家たちの様子を一枚の画像で表現してました。心中お察し申し上げます・・・。

 

ラテアーティストの中にはこんな強者も。凄い・・・。

 

コインチェックのTVCMに起用されていた出川さんも終わりの終わりを迎えられたようです。(^_^;)

そんな出川さん、今日は周りからいろいろ言われてそうですね。辛い一日を過ごしていそうな気がします。(^_^;)

 

仮想通貨ブロガー第一人者のイケダハヤトさんも4000万円以上の含み損を抱える事態に・・・。

「引退します。」発言をネタに自虐tweetされてました。

それにしても「♡いいね」の数が尋常じゃありません。(^_^;) 人の不幸を喜ぶことはしないようにしたいですね。

 

こちらは韓国のとある仮想通貨投資家の反応についてです。「我を忘れる」とはこういうことですね・・・。当の本人は時間が経つと辛さが倍増するのではないでしょうか・・・。

 

今回の大暴落で一番打撃を受けたのがこのビットコネクトではないでしょうか。報道によれば消滅した模様です。

もともと怪しい通貨だったので、市場健全化という意味では良かったと思います。今後も暴落の度に怪しい通貨は淘汰されていくものと思われます。

 

仮想通貨相場大暴落の理由は?

界隈では大きく3つの理由が取り上げられていたので、それぞれご紹介しておきます。

理由1 仮想通貨市場の規制の影響

世界各地で仮想通貨の規制の流れが出てきたりしています。それらを受けて今回の全面大暴落が誘発されたとする見方です。

特に仮想通貨界で大きなシェアを占める中国、韓国が規制の方向に進んでいるため、その影響はかなり大きなものがあると思われます。

参考までに中国のビットコイン規制に関する情報が詳しくまとめられていた記事がありましたので以下ご紹介しておきます。

 

理由2 Janary Dip

Plutonさんのツイートを拝借しました。同様のことをツイートされている方は他にもたくさんおられました。

このツイート画像からも確認できるように、仮想通貨界ではなぜか1月に毎年暴落が起こっています。

なのでなにかしらの理由があると思われますが、明確には分かっていない状況です。

これが定期行事なのであれば「来年の2019年1月にも同じことが・・・」ということですね。まだまだ先の事ですが忘れないようにして備えておきたいものです。

 

理由3 機関投資家の操作

こちらの@believe_bitcoinさんのツイートは昨日の夕方頃の最初の暴落時についてのものですが、機関投資家たちによる価格操作の可能性に触れています。

証拠として出来高が極端に少ない点を指摘されています。画像を確認すると確かにそうなっていますね。

これが引き金となって狼狽売りが加速した可能性も十分考えられます。


ということで、今回の大暴落は以下3点が見事に重なって引き起こされた可能性が高いのではないかと思います。

  1. 規制強化の流れ
  2. January Dip
  3. 機関投資家による価格操作

年末年始から仮想通貨投資に参入してこられた新規の方々も多いかと思いますが、タイミングとしては悪過ぎたとしか言えないですね・・・。

 

今後の仮想通貨相場はどうなっていくの?

誰もが気になるところだと思いますが、今後の仮想通貨相場はどうなっていくんでしょうか?

テクニカル的にみるとどうなるのか、仮想通貨の基準となるビットコインを材料にして簡単に予想してみたいと思います。素人予想なので「こんな考え方してるやつがいるんだ。バカだねぇ。」くらいにみてやってください。笑

まずはこちらの画像をどうぞ。

BTC/JPYの日足チャート(Zaif)になります。

エリオット波動5波と調整波3波が綺麗に描けました。特に注目したいのは、今回の大暴落でビットコインが付けた最安値の部分です。(調整波3波目のC地点)

このC地点がテクニカルの教科書のお手本のようなポイントになっていて、レジスタンスライン(ピンク水平線)で支えられ、かつ、下落トレンドラインの平行ライン(A↔C間の青ライン)にも支えられている個所となっています。

調整波は通常3波で終了すること、その3波目の地点が教科書的に非常にきれいな地点であることを考慮すると、このC地点(1BTC=100万円付近)が今回の大暴落の底になる可能性が十分あると考えます。

この点を踏まえた上で、大きく二つ値動きを予想してみました。以下の予想画像をご覧ください。

予想1

先程触れた1BTC=100万円を底値と考えた時に、予想1のような値動きを考えてみました。

気持ち的にはここからすぐにでも反発して上昇していきたいところなんですが、下降ライン(A)・(B)と、抵抗となる箇所が少なくとも2箇所あります。

その箇所での抵抗勢力のことなどを考えるとすぐに上昇の可能性は低いかもしれません。売り勢力を徐々に徐々に潰していきながら、2月以降に大きく上昇していきそうな気がします。(まぁ、ど素人予想です。笑)

当然ですが、このまま大きく反発していく可能性もゼロではないのであしからず。(^_^;)

ちなみにですが個人的に信頼を寄せている「Web Bot」予想では2018年は仮想通貨相場は全体的に上昇基調となっています。ビットコインも上昇の予想です。

 

予想2

考えたくはない予想ですが、下落の可能性も全くゼロではありません。

特にサポートとなっている水平線(青C)や上昇トレンドライン(青D)を下に割ってくると予想2の動きになる可能性が高まります。

そうなるとかなり多くの仮想通貨投資家がポジションをたたむ必要に迫られるのではないかと予想します。青Cラインや青Dラインを割らないよう祈るのみです。(^_^;)

まとめ

以上【仮想通貨相場大暴落で阿鼻叫喚!!その理由は?今後はどうなる?!】とのタイトルでお届けしました。

改めてですが、最後の予想の部分はここで忘れてください。笑

この大暴落を乗り越えた先にTo the Mooooooon!!があることを信じて、今日も明るく元気に頑張っていきましょう。(^_^)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!