R.Rクリプトニュース [1/21] 「中国が規制をかけるものは投資すべき」他

R.Rクリプトニュース [1/21] 「中国が規制をかけるものは投資すべき」他



本日の暗号通貨ニュース

中国が規制をかけるものは投資すべき

こちらは本日のニュースではないんですが、本日広くリツイートされていて共感できたので掲載させて頂きました。ビットコインの教祖と言われるロジャー・バー氏の発言についてです。

ロジャー氏は以前にブルームバーグの取材に対して「中国が規制するものは人気が出るから投資対象にすべき」とコメントしていました。

具体例として Youtube、Facebook、Twitter、Googleを引き合いに出しています。

納得できるとてもシンプルな理由ですね。

であればビットコインを含めた暗号通貨への投資は「非常に有望」となりますね。笑

そしてその中国は規制したものに似たもの(コピー)を独自で作り出し、自国展開させていくことでも有名です。そう考えれば中国産の暗号通貨も注目しておくべきだと言えます。

最近では中国版イーサリアムとも呼ばれているネオ(NEO)が価格を上げていますが、その背景にはそうした考え方が影響しているのかもしれません。

 

関連記事:『NEO/ネオ』とは?特徴・将来性・購入方法(買い方)について

 

 ダボス会議でビットコインが議題に

ダボス会議とは毎年1月末にスイスのリゾート地で開かれる「エリート会議」です。

会議に参加できるのはグローバルリーダーとして認められた2500名ほどのみで、ダボス会議から世界が動き始めると言われることもあります。

そのダボス会議の今年の議題の一つに「ブロックチェーン&暗号通貨」が取り上げられます。

暗号通貨討論会にはアメリカ・ムニューシン財務長官、国際通貨基金(IMF)ラガルド専務理事、ブラックロック・フィンク会長などが参加予定です。

ダボス会議では具体的な決定がなされることはないようですが、話し合われた内容はリーダーたちのその後の行動に影響力を与え、ゆくゆく社会にじわりと現れてくるようです。

ポジティブな議論がなされてほしいものですね。

 

ゴールドマンサックスも暗号通貨事業参入?

ゴールドマン・サックスは世界最大級の投資銀行です。世界投資銀行ランキングでは常に上位に位置し、界隈では最強の投資銀行として認知されています。

そのゴールドマン・サックスが暗号通貨投資事業に参入する可能性が高まってきています。

背景にはクライアント(顧客)からの強い要望があり、それを受けて暗号通貨取引部門の設立を目指して動いているようで、ブルームバーグによれば2018年6月頃に参入としています。

また、ゴールドマン・サックスは投資運用にAI(人工知能)を積極的に活用することでも知られています。

暗号通貨投資で「短期」売買されている方にとっては、今後厳しい戦いを迫られそうですね。(^_^;) 単純なテクニカル分析やファンダ情報だけを頼りに売買をしても通用しないような気がします。

 

 ダウンタウン松ちゃんも暗号通貨へ投資w

ダウンタウンの松ちゃんまでもが暗号通貨投資をしていたとのニュースが話題となっていましたw

松ちゃんが出演するワイドナショーにて「僕が買った時からめちゃくちゃ上がりましたよ」「(今回の急落では)半分くらい下がりましたけど、僕が買ったときが結構、安かったんで」とコメントしていて、古参組だったことも分かりました。

インフルエンサーの大御所の一人松ちゃんが話題を振りまいてくれると暗号通貨投資に興味を持つ人も増えるので嬉しいことですね。

これからもポジティブな話題を振りまいてくれることを期待していますが、どの暗号通貨を持っているのかが気になりますねw

 

本日の個別暗号通貨ニュース

ビットコイン(BTC)

ライトニングネットワーク(LN)を利用した送金が成功したというニュースです。

ビットコインといえば処理速度が遅くて送金手数料が高いということで決済用には使えない暗号通貨と揶揄され、価値の保存のためだけの暗号通貨として「デジタルゴールド」などとも呼ばれてきました。

しかし今回ライトニングネットワークでの送金が成功したことで、ゆくゆくは早く安く決済することができるようになっていきそうです。

ビットコインが実際の決済用通貨になりうる可能性が示されまたということで、ビットコインホルダーにとってはとても嬉しいニュースだったのではないでしょうか。

今後もライトニングネットワークの研究は続けられます。技術の進歩により暗号通貨が日常的に便利に利用できるようになるといいですね。

 

 リップル(XRP)

リップル(XRP)の価格が上がる要素について語っていたRipple社のDavid Schwartz氏の発言を、てにったーさん(@tenitoshi)が翻訳しておられました。

リップルの理解を深めるのにとても役立つ内容だと思います。リップラーの方は是非ご覧ください。

 

関連記事:『リップル/XRP』とは?特徴・将来性・購入方法(買い方)について

 

 モナコイン(MONA)

Nobuoさん(@Nobuo_Create)により、「モナゾン」というモナコインの利用用途を探したり登録できたりするサイトが開設されました。

記事執筆時点では、モナコインを利用できるWEBサービスが26件、実店舗が8件登録されています。

店舗運営者でモナコイン決済を導入する企業や個人経営者の方々は、このサイトに登録をすることでお客さんを呼ぶことができるようになるかもしれませんね。

モナコインの普及のためにもぜひ活用してみてください。(^_^)

 

関連記事:【随時更新】仮想通貨モナコインはどこで使えるの?使い道・使い方は?

 

 アイオータ(IOTA)

当ブログで紹介したことがある暗号通貨情報ということで載せておきます。

 

関連記事:『IOTA/アイオータ』とは?特徴・将来性・購入方法(買い方)について

 

本日の暗号通貨取引所ニュース

DMM Bitcoin

DMM BitcoinのTVCMがYoutubeにアップされていたので載せておきます。

「仮装・通過・ピットイン」!

本日のビットコインチャート

1/21 21:30頃のBTC/JPYの8時間足チャート(Zaif)になります。

昨日配信したRRクリプトニュースでは、下降トレンドライン(A)とホライゾンライン(B)が交差するピンクゾーンはテクニカル的に売り圧力が強くなるとしましたが、実際そうなってしまいました。

ビットコイン(BTC)は一旦下落の動きを見せていますが、ここからさらに落ちて1/17につけた直近最安値100万円付近を再度試しにいくのか、ここから切り返して上昇に転じていくのか、その攻防中といったところだと思います。

要注目ですね。

 

まとめ

今日は【R.Rクリプトニュース [1/21] 「中国が規制をかけるものは投資すべき」他】とのタイトルでお届けしました。

明日は寒気団が日本をすっぽりと覆い、寒さの厳しい一日となるようです。暖かくしてお出掛けください&お過ごしください。

それでは明日も暗号通貨投資家の皆様にとって良い一日でありますように。(^_^)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!