衝撃!昔の火山噴火のように見える写真が実は・・・!!!

衝撃!昔の火山噴火のように見える写真が実は・・・!!!

火山の噴火画像は時々目にすることがあるかと思います。例えばということで・・・

こんな画像や・・・

こんな画像や・・・

こんな画像などなど。

どれもこれも圧巻の迫力です。その場にいたら恐ろしさのあまり体が動かなくなったりしてしまうんでしょうね。そんな恐怖を覚える画像をもう一枚。こちらです。どんっ!!



画像:衝撃!昔の火山噴火のように見える写真が実は・・・!!!

「ずいぶん近くで火山噴火が・・・!!」「大自然の脅威・・・!!!」と思ってしまいがちですが・・・そうではないんです。ある意味それよりももっと恐ろしくて残酷なものです。実はこの写真『長崎の原爆』を捉えた画像なんです!!(※画像をクリックすると拡大し詳細が確認できます。)

撮影者は松田弘道(Hiromichi Matsuda)さんという方で、長崎県西彼香焼村(現香焼町)の川南工業香焼島造船所で写真技手として働いておられた方です。

この写真の裏には「原子爆弾投下二十分後 長崎港口香焼島ヨリ撮影 写真技手 松田弘道」という記載があり、原爆投下20分後の生々しい様子を切り取った写真であることが分かります。

このオリジナル写真は事務所屋上から撮影したものだと考えられており、そうだとすると撮影地点は爆心地から9.6Kmになるそうです。

こういう写真をしっかりと後世に残して戦争の記憶を絶やさないようにしていかないといけないですね。

SOURCE : REDDIT PICS