R.Rクリプトニュース [2/2] 暗号通貨バブル崩壊?プロ投資家たちの反応は?!他

R.Rクリプトニュース [2/2] 暗号通貨バブル崩壊?プロ投資家たちの反応は?!他



本日の暗号通貨ニュース

BittrexがUSD建てを検討中?

暗号通貨市場全体の下落の要因の一つとなっているテザー(USDT)疑惑に端を発して、取引所Bittrexが法定通貨アメリカドル建ての検討をしているというニュースです。

アメリカドルによる裏付けが疑わしいテザー(USDT)を避けたいということだと思います。健全化に向けた取り組みだと思いますが、疑惑を強める要素にもなるため、市場としては嫌気しているということではないでしょうか。

 

チューリップバブルが現実に?

ビットコインのチャートがチューリップバブルになってきているとのツイートが広く拡散されてました。現状では否定できないところではあります。

が、暗号通貨投資家としては、この近辺を底値に再度の大きな上昇を期待したいところです。

※ チューリップバブルとは?

16世紀のオランダでチューリップの球根が価値があると騒がれて、価格がみるみる高騰していったものの、バブルがはじけて、その後一気に急落していきました。世界初の金融バブルということで、バブルの話題になると頻繁に引き合いに出されます。

 

ビットコインの価値は約2000円?

2人の経済学者はビットコインの基本的な価値として1BTC=20ドルとしました。根拠として、ビットコインの供給量6000万枚と、ビットコインの年間決済利用想定金額12億ドルから算出したとのことです。

ビットコインは決済機能を有していることから全くの無価値になることは考えにくいものの、現在の価格は過剰評価されているとのことでした。

 

底値を感じ取る暗号通貨投資家の方々のご紹介

 

投資に長けている方々の反応は、不安しかない新参投資家の方々とは一線を画していますね。本当に凄いですね。(^_^;)

 

本日の暗号通貨取引所ニュース

 コインチェック

金融庁がコインチェックに立ち入り検査に入りました。

XEMのハッキング事件を受けて顧客26万人に対して463億円を自己資金で返金するとしたコインチェックですが、本当に返済能力があるのか調べるとのことです。

加えて、会社資金と顧客資金が分別管理できているか、セキュリティ対策がどうなっているか、顧客への対応状況はどうかなども調査されるとのことです。

これを受けてコインチェック側は「真摯に対応して参ります。」としています。顧客への補償については「返金できる時期のめどは立っていないが、自己資金で補償できるという考えに変わりはない」ともコメントしていました。

 

与沢氏のツイートを拝借させて頂きます。<m(_ _)m>

本日、コインチェックに金融庁の立ち入り検査が入ったのはお伝えした通りですが、今後、金融庁関係の検査官10人が常時コインチェック内に常駐し、より徹底して調査を行うとのことです。

 

 

Benkimanさんのツイートを拝借させて頂きます。<m(_ _)m>

日経速報ニュースから引用されていましたが「金融庁の立ち入り検査やその後の報告で『再開に向けて問題がない・対策がなされている』と確認されれば、2月13日以前でも再開可能」ということでした。

 

ザイフ

日時:2月6日(火)13時半~2018年2月6日(火)18時半頃

目的:データベースサーバーのアップグレードのため

メンテナンス時間中はZaifのすべてのサービス(ログイン、取引、売買、日本円の入出金、仮想通貨の入出金、APIを用いての取引、売買、入出金など)が利用できなくなります。

長期ホルダー以外の方でポジションを持つ方は、メンテナンス前にポジションを決済するようにしてください。

 

ザイフ公式サイト ⇒ https://zaif.jp/

 

関連記事:取引所『ザイフ』の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

 

本日のビットコインチャート

2/2(金)18:00頃にさせて頂いたtweetにて失礼します。tweetした18:00時点では1BTC約90万円でしたが、22:00時点では80万程に下がってきています。

tweetでも触れましたが、もう少し下げる可能性もまだあるかと思います。ただ、紹介させて頂いたように、投資歴に長けている方々が「底」を感じ取っているというのもまた事実です。80万円付近が「底」となる可能性もあります。

現時点では「底値」かどうかはもちろん分かりませんが、もう少し時間が経過し、4時間足レベル以上くらいでダブルボトムやトリプルボトムのようなチャートパターンが形成されれば、「底」の確認が取れたと判断してもいいかと思います。

そのタイミングで買い増しや新規の買いで入っていくのは「あり」だと思います。

 

まとめ

以上【R.Rクリプトニュース [2/2] 暗号通貨バブル崩壊?!プロ投資家たちの反応は?!】とのタイトルでお届けしました。

今日は嫌なニュースしか見かけませんでしたが、そんな時だからこそ投資経験豊富な方々の反応にはより注目します。

もしこの1BTC80万円近辺を底値として反発上昇していくとしたら本当に凄いですね・・・。ニシカズさん、与沢氏、CISさんなどなど、プロの嗅覚(勘)があるのではないでしょうか。

コインチェック騒動については、どんどん大きくなっていますが、暗号通貨界にとってプラスになるような方向で決着をつけてほしいと思います。もちろん、顧客の資産保護を第一にお願いしたいものです。

それでは1BTC80万円台が底値になることを願って、本日のR.Rクリプトニュースを〆させて頂きます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!