「暗号通貨市場はこれから成長する!」と言えるニュースまとめました。

「暗号通貨市場はこれから成長する!」と言えるニュースまとめました。

2018年になってからの暗号通貨市場は下落続きで、嫌気がさしている方、含み損を抱えてため息ばかりついておられる方、悶々とした日々を送っている方もおられるのではないでしょうか。

そんな方々に少しばかりでも元気をお届けできたらということで、ここ最近の暗号通貨界隈のポジティブなニュースをまとめてみました。ポジトーク全開の記事なので、ネガティブニュースは含めていません。笑

その点をご理解いただいた上でご覧ください。それではどうぞ〜。


暗号通貨「投資」系ニュース

韓国の大手複合企業群がこぞって暗号通貨市場に参入しているというニュースです。

企業というのは「お金」に非常にシビアです。大手企業であれば尚の事そう言えます。その大手複合企業群が暗号通貨市場に投資をするようになっています。

なぜでしょうか。

個人レベルでは到底できないような徹底的なリサーチを行い、かつ、個人レベルでは到底入手できない裏の情報を手に入れ「この業界は儲けられる!!」と判断したからに他なりません。

このような動きは韓国に限った事ではなくここ日本でも見られます。詳細は割愛しますが、Yahoo(ヤフー)やLINE(ライン)も暗号通貨市場に参入する動きを見せています。

ということは暗号通貨市場がこの先どちらの方向に動く可能性が高いのか言うまでもないという事になりますね。

 

 

仮想通貨投資アプリを提供するアブラ(Abra)のCEO曰く「今年は欧米の機関投資家のマネーが暗号資産に流れ込んでくる」「とんでもないことになる年だ」とのことです。

ご存知のように、CMEやCBOEで一部のヘッジファンドによるビットコイン先物投資は行われていますが、大手金融機関・証券会社・年金基金・投資信託などはまだ動き出していません。

 

 

ひねくれた見方をすれば、暗号通貨市場が今下落傾向にあるのは、彼ら機関投資家たちが少しでも安くお得に投資できるようにするために意図的に操作されているということかもしれません。

だとすれば、暗号通貨投資を始めていない方は今が始めるタイミングになりますし、含み損を抱えている方は今が耐え時ということになります。あくまでも「だとすれば」です。(^_^;)

 

 

暗号通貨「決済」系ニュース

暗号通貨が裾野を広げていくためには利用される必要があります。そういう意味において、このドイツ観光局が暗号通貨決済を導入したというニュースは意味があります。

日本でも個人店舗や大手家電販売店などでの暗号通貨決済が徐々に導入され始めていますが、こうした草の根運動が後々になって効いてくると思います。

 

 

韓国でも暗号通貨決済を広めようという動きが見られます。

暗号通貨大手取引所ビッサムがデジタル決済サービスのコリア・ペイ・サービシズと提携し、2018年内に実店舗8000店で暗号通貨決済ができるシステムを構築するとのことです。

その構想の一つとして、暗号通貨決済対応端末をカフェや飲食店といった日常よく利用される店舗に提供する計画があるようです。

 

 

暗号通貨「取引所」系ニュース

アメリカ最大手の暗号通貨取引所コインベースがERC20への対応を始めるというニュースです。

ERC20とは、イーサリアムブロックチェーン上でスマートコントラクトに使われる技術標準のことで、既存のアルトコインに利用されているプロトコルになります。

コインベースがそのERC20への対応を始めるということは、将来、それらのアルトコインの取り扱いを始めるという意味になります。代表的なERC20の暗号通貨としては、イオス(EOS)、オミセゴー(OMG)、トロン(TRX)などがあります。(詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

今のうちから徐々に仕込み始めておけば、将来、大きな資産となる可能性があるかもしれません。それらの通貨をすでに保有している方は、その時を楽しみにしておくのはいかがでしょうか。^ – ^

 

 

 

気になるプチニュース

2018年3月末に河野外務大臣とイーサリアム創設者のVitalik(ヴィタリック)氏とイーサリアム財団のExecutive Directorである宮口礼子氏の3者で会談が行われたというニュースです。

3月28日にイーサリアム財団後援でEthereum Japan Community Meetup #1が日本で開催されていて、それに合わせてこの会談が設定されています。

会談の内容は明かされていませんが、イーサリアムの技術的な可能性についての話や、日本の今後にどのようにポジティブに活用できるのかという話など、イーサリアムをアピールするための会談だったのではないかと推測します。

日本の暗号通貨市場を管理・監督しているのは金融庁ですが、なぜ外務省の河野大臣との会談なのかが気になるところです。

 

 

去年から度々話題に上がっているビットコインETFについてです。これまでもETF承認を要請しては却下されるというやりとりが繰り返されてきましたが、この度もCBOEにより承認要請が出されています。

もしビットコインETFが承認される事になれば、巨額な資金が流れ込む可能性が高まるため、この手のニュースは常日頃から注目しておきたいですね。

 

まとめ

以上【「暗号通貨市場はこれから成長する!」と言えるニュースまとめました。】とのタイトルでお届けしました。

この記事が少しでも暗号通貨投資家の方々の元気に繋がれば幸いです。(^ ^) また「いいね!」と思って頂けたなら各種SNSでシェアしていただければ嬉しいです。よろしくお願いします。m(_ _)m

 

最後までお読みいただきありがとうございました!