ビットコイン週間チャート分析:鉄板売りポイント&今週の価格予想(18/4/9版)

ビットコイン週間チャート分析:鉄板売りポイント&今週の価格予想(18/4/9版)

今回から週間でビットコイン(BTC)の簡易テクニカル分析をやっていこうと思います。基本的なスタンスとしては過去1週間のビットコインチャートの簡単な値動きのまとめと、今後の値動き予想で記事を書いてみようと思います。

試行錯誤しながらなのでスタンスは都度変わっていくこともあると思いますが、興味がある方はご覧になってみてください。^ – ^


ビットコイン週間チャート分析:2018/4/1〜4/8

BTC/JPY 4時間足チャートになります。ピンクの縦ライン2本が過去1週間(4/2〜4/8)の期間となっています。

まずは先週の値動きについてですが、週初めの4/2(月)の69万円を底値に80万円まで上昇するも、売り圧力に押さえつけられ70万円ほどまで下落し、その後、横ばいとなりました。

そんな中、テクニカル的に絶好の「売り」エントリーポイントも出現しました。それが上記チャート画像の黄緑色の丸印の箇所です。

エントリーの根拠は以下になります。

  • 水平線Bへの戻し完成
  • 短期トレンドラインAの下抜け完成

 

これ以外にもフィボナッチ38.2辺りまでの戻しをつけたことや、4時間足よりも上位の日足レベルでもビットコイン相場が下落方向であることなどもエントリー根拠になります。

ただ、あれもこれも取り上げると混乱するかもしれないので、今回はシンプルに2つだけに絞って記載してみました。

誰もが知っているテクニカル分析ツール「トレンドライン」「水平線」の2つだけでも、使いどころを間違えなければ簡単にエントリーポイントを探し出すことができます。

使いどころを間違えないようにすることが難しかったりしますが、そのスキルを自分のものにできれば投資人生の中で一生使っていくことができます。この機会に勉強を始めてみるのはいかがでしょうか。^ – ^

 

ビットコインの今週の値動き予想

ここからはビットコイン(BTC)の今週(4/9〜4/16)の値動き予想をしてみようと思います。当たりませんので投資判断の材料にすることだけはしないようにお願いします。笑

上記チャート画像に表示させてあるテクニカル分析ツールについて触れておきます。

  • 水平線B
  • 水平線C
  • 短期移動平均線(ピンク)
  • 中期移動平均線(ブルー)
  • 長期移動平均線(オレンジ)

 

以上の5つのツールを元にした今週のざっくりとした個人的な値動き予想ですが、水平線BとCの間でレンジになりそうな気がします。ただひょっとすると水平線Bの上抜けもあるかもしれないという淡い期待もあります。(^_^;)

そう思う根拠を以下に幾つか書いてみます。

 

水平線Cの下抜けの可能性は低い

まず水平線Cについてですが、これは非常に強力なサポートラインです。上記4時間足チャート画像だけでは確認できませんが、日足レベルで見たときに過去にもこの水平線Cでサポートされている箇所が何度もあり、それだけ買い支え圧力があるということになります。

この水平線Cを下抜けしていくにはかなりの売り圧力がなければできません。現状、ヘッジファンドなどの機関投資家も更なる売りを仕掛けていないことから、少なくとも今週に関しては水平線Cの下抜けはないと思っています。(⇒ 関連記事:【4/7版】ビットコイン先物の建玉枚数から予想する今後のBTC価格!

ただし絶対に下抜けがないわけではありませんのでそこはご注意下さい。相場を読む際に「絶対」という考え方は厳禁です。

 

水平線Bの上抜けはやや厳しい?

その一方で上値予想を考えたときに気になるのが、水平線Bもさることながら、その上にある長期移動平均線(オレンジ)の存在です。この移動平均線は日足レベルの20日移動平均線に相当するもので、日足レベルでトレードをしている投資家たちが意識する移動平均線の一つになると思われます。

仮に今週のどこかで価格が上昇していくとすると、その長期移動平均線(オレンジ)にぶつかる可能性が出てきます。場合によっては水平線Bと同時にぶつかる可能性もあります。

もしその時にしっかりと売られてしまって価格がガクンと下がると、今週はほぼほぼレンジ相場になりそうな気がします。

 

水平線Bの上抜けの可能性はゼロではない?

ただ、短期移動平均線(ピンク)と中期移動平均線(ブルー)は横向きから上向きへと方向感を変えつつあります。相場転換は必ず「短期⇒中期⇒長期」の順番で起こっていくので、今回がその転換点となる可能性もまったくのゼロではありません。

加えて、ファンダメンタル的にも好材料なニュースがいろいろと出始めています。

例えば、有名な投資家ジョージ・ソロス氏が暗号通貨投資を計画しているというニュースがあります。ソロス氏は2兆7500億円相当の資産を運用していると言われていて、その一部が暗号通貨市場に流れてきた場合のインパクトはかなりのものになると思われます。

他にも、世界屈指の大財閥ロックフェラー家が所有するベンチャーキャピタル「VenRock社」が、暗号通貨投資に前向きな姿勢を打ち出してきています。

こうしたファンダメンタル的好材料の追い風を受けることで、水平線B&長期移動平均線(オレンジ)をしっかりと上抜けしてくる可能性も僅かばかりあるとは思います。

 

ということで長々と書いてしまいましたが、改めて今週のざっくり予想をまとめると「水平線BとCの間でレンジの可能性大と見ますが、水平線Bの上抜けの可能性にもちょっと期待!」といったところです。

只くれぐれもこの予想を真に受けることがないようお願いします。(^_^;)

 

まとめ

以上【ビットコイン週間チャート分析:鉄板売りポイント&今週の価格予想(18/4/9版)】とのタイトルでお届けしました。

立ち上げたばかりのシリーズ記事なので危なっかしいことこの上ないです。笑 なんとか安定化を図っていければと思います。多少時間がかかると思いますがご容赦ください。それでは。^ – ^

Happy Trading !!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 


 

国 内 人 気 取 引 所 一 覧

取 引 所 特 徴
bitFlyer 世界一のセキュリティランクで安心!
Zaif 「コイン積立」で堅実な投資が可能!
bitbank アルトコインを国内最安値で購入可能!
GMOコイン スマホで快適にビットコインFX!
BINANCE 総合力No.1!世界一の取引所!

 

 

取 り 扱 い 通 貨 比 較 表

bitFlyer Zaif bitbank GMOコイン
BTC
ETH
XRP × ×
BCH
XEM × ×
MONA × ×
LTC ×
EOS × × × ×
ADA × × × ×
IOTA × × × ×
NEO × × × ×
OMG × × × ×
TRX × × × ×

BTC ビットコイン  ETH イーサリアム  XRP リップル  BCH ビットコインキャッシュ  XEM ネム  MONA モナコイン  LTC ライトコイン  EOS イオス  ADA エイダ  IOTA アイオータ  NEO ネオ  OMG オミセゴー  TRX トロン

 

 

初 心 者 用 記 事 一 覧