ビットコインに先駆けて価格上昇する可能性が高い暗号通貨5選!

ビットコインに先駆けて価格上昇する可能性が高い暗号通貨5選!

暗号通貨の基軸通貨は言うまでもなくビットコイン(BTC)です。ビットコインが元気にならないことには暗号通貨界全体も元気になりません。

ただ最近はそのビットコインに先駆けて元気になりそうな暗号通貨をちらほら見かけるようになってきました。嬉しいことです。今回の記事ではそんな通貨を5つ取り上げてみようと思います。


Verge(XVG)

 

2018/1/11〜4/11の直近3ヶ月間のチャート画像

 

最初に取り上げる通貨はVerge(ヴァージ)です。

Verge(ヴァージ)は今回取り上げる5つの暗号通貨の中で個人的に一番元気があると感じる通貨です。チャート画像を見ていただいて分かるように、USD建て・BTC建て共に上昇してきています。この「共に」という点が好印象です。

未だ下落相場が続く通貨が多い中で、USD建て・BTC建てどちらか片方でも上昇相場になっていればそれだけで注目を集めますが、このVerge(ヴァージ)に関しては「共に」上昇中です。

その上でその上昇の仕方が「綺麗」なんです。この「綺麗」という感覚はチャート分析をしている方なら分かってもらえると思うんですが、あくまで感覚的なものなので文章で説明するのが難しいです。すみません。(^_^;)

ともかく個人的に一番好印象を受けるのがこのVerge(ヴァージ)になります。

 

Skycoin(SKY)

2018/1/11〜4/11の直近3ヶ月間のチャート画像

 

次に取り上げたいのがSkycoin(スカイコイン)です。日本人の方には馴染みがないコインですよね。そういう自分もよく分かっていません。(^_^;)

ただチャート形状を見る限り好印象を受ける通貨の一つです。Verge(バージ)と同じく USD建て・BTC建てで「共に」上昇してきています。

Verge(バージ)と比べた時に若干劣る点としては、上昇率が低いという点と「底」をつけたと思われる時期がわずかに遅いという2点でしょうか。

とはいえ、暗号通貨全体がなかなか下落相場から抜け出せないこのご時世、Skycoin(スカイコイン)のこのチャートもとても立派です。CMCの現時点での時価総額ランキング83位という低さがやや気にはなりますが・・・。(^_^;)

 

Binance Coin(BNB)

2018/1/11〜4/11の直近3ヶ月間のチャート画像

 

3番目に取り上げる通貨はBinance Coin(バイナンスコイン)です。世界最大手の暗号通貨取引所バイナンスが発行している通貨で、バイナンスで暗号通貨取引をする際の手数料支払いに利用できたり、バイナンスコイン建てで各種通貨が購入できたりもします。

さて、そんなバイナンスコインですが、BTC建てでの上昇が目を引きます。ただ USD建ての上昇率との乖離があるのがやや気になります。それでも今後に期待したくなるチャート形状であると言えるのではないでしょうか。

バイナンスと言えば日本の金融庁から2018年3月下旬に「警告」があり、ちょっとした騒動がありましたが、現在は落ち着きを取り戻しています。暗号通貨界を引っ張るリーダー的な取引所なのでこれからも是非頑張ってほしいところですね!

 

関連記事:『BINANCE』(バイナンス)の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

 

Tron(TRX)

2018/1/11〜4/11の直近3ヶ月間のチャート画像

 

4番目にご紹介する通貨はTron(トロン)です。トロンについては当ブログでも以前に紹介記事を書いているので知りたい方はこちらからどうぞ。

トロンもバイナンスコイン同様にBTC建てで価格が上昇してきています。USD建てはレンジな値動きが続いていますが、今後の価格上昇が期待できる動きです。というのも下降トレンドから上昇トレンドに移行する過程ではレンジの期間は必ず存在するからです。トロンは今がまさにそのレンジ期間中です。

ということは、そのレンジ期間が終われば待望の「上昇相場」が待っているということなのかもしれません。BTC建てでは一足先に上昇が始まっていることからおそらくUSD建てでも同様の値動きになる可能性が高いです。そうした期待を込めて今回トロンを取り上げてみました。

 

関連記事:トロン(TRX)チャート分析:2018年4月以降の価格予想してみました。

 

Wanchain(WAN)

2018/3/24〜4/11の直近2週間ほどのチャート画像

 

最後に紹介する暗号通貨はWanchain(ワンチェイン)です。Wancoin(ワンコイン)と呼ばれたりもするようですが、中国版リップルと言われています。

こちらもチャート形状を見るかぎり、レンジの値動きから反転上昇に動いているように見えるチャートとなっています。USD建て・BTC建ての両方で上昇もしています。

ただ、このWanchain(ワンチェイン)は最近になって登場してきた暗号通貨でまだまだデータ量が不足しています。

コインマーケットキャップ(CMC)がWanchanを取り上げてチャート表示するようになったのが2018年3月末からなので、上記チャート画像も直近2週間程度のものとなります。先に取り上げた4通貨と比べると極端に短いです。そのため、今後どう動くのかまだまだ不透明な部分が多いです。

ただ、短期のチャート形状的には期待が持てるとても綺麗な値動きをしていたため、敢えて取り上げてみました。

 

ビットコインチャート VS 紹介5通貨チャート

最後にビットコインの直近3ヶ月間のチャート画像とこれまでに紹介した暗号通貨5つのチャート画像を載せておきます。単純に画像を比較してもらうだけでもビットコインよりも先に価格上昇していきそうだなと感じてもらえるかと思います。是非スクロールさせて見比べてみてください。

 

ビットコイン(BTC)チャート

 

ヴァージ(XVG)チャート

 

スカイコイン(SKY)チャート

 

バイナンスコイン(BNB)チャート

 

トロン(TRX)チャート

 

ワンチェイン(WAN)チャート

※ WANだけは期間が2週間ほどのチャートで上記の他のチャートと異なります。ご注意ください。

 

いかがでしたか。ビットコインは下落相場がようやく終わりに差し掛かっているように見えます。これからレンジ相場へ移行しようというところでしょうか。

それと比べた時に、紹介した5通貨はレンジ相場を終えて上昇相場へと転換しつつあるように見えます。(トロンはUSD建てではもう少し時間がかかりそうにも見えますが。)暗号通貨投資家の中には密かに期待している方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回紹介した5通貨(XVG,SKY,BNB,TRX,WAN)に投資をしてみたいと思った方もおられるかもしれません。世界最大の取引所バイナンスならそれが可能です。(ただしスカイコイン除く)

まだ口座開設されていない方はこの機会に作ってみるのはどうでしょうか。日本では取り扱われていない多様な暗号通貨への投資が可能になりますし、口座開設自体も簡単にできます。トレード画面の操作も快適で、個人的にとても気に入っている取引所の一つです。お勧めです。(^ ^)

 

口座開設(アカウント作成)はこちら

バイナンス公式サイト

 

関連記事:BINANCE(バイナンス)での登録(口座開設)方法&入出金方法

 

まとめ

以上【ビットコインに先駆けて価格上昇する可能性が高い暗号通貨5選!】とのタイトルでお届けしました。

2017年末から続いている暗号通貨相場全体の下落傾向もようやく終わりを見せはじめているように思える今日この頃です。早く2017年後半の上昇相場をもう一度味わいたいものですね。

ただこれから上昇相場になると断言はできません。再度下落する可能性もあります。投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

それでは。

Happy Trading !

 

最後までお読みいただきありがとうございました!


 

国 内 人 気 取 引 所 一 覧

取 引 所 特 徴
bitFlyer 世界一のセキュリティランクで安心!
Zaif 「コイン積立」で堅実な投資が可能!
bitbank アルトコインを国内最安値で購入可能!
GMOコイン スマホで快適にビットコインFX!
BINANCE 総合力No.1!世界一の取引所!

 

 

取 り 扱 い 通 貨 比 較 表

bitFlyer Zaif bitbank GMOコイン
BTC
ETH
XRP × ×
BCH
XEM × ×
MONA × ×
LTC ×
EOS × × × ×
ADA × × × ×
IOTA × × × ×
NEO × × × ×
OMG × × × ×
TRX × × × ×

BTC ビットコイン  ETH イーサリアム  XRP リップル  BCH ビットコインキャッシュ  XEM ネム  MONA モナコイン  LTC ライトコイン  EOS イオス  ADA エイダ  IOTA アイオータ  NEO ネオ  OMG オミセゴー  TRX トロン

 

 

初 心 者 用 記 事 一 覧