ビットコインが本格的な上昇相場に入る時期をテクニカル分析で考察!

ビットコインが本格的な上昇相場に入る時期をテクニカル分析で考察!

調整下落真っ只中のビットコイン。だらだらと続くこの下落に嫌気がさしている方も多いのではないでしょうか。(^_^;)

さて、そんなビットコインが本格的に上昇を始めるのはいつなのか、幾つかのシンプルなテクニカル分析ツール・理論を使って自分なりの考察をしてみようと思います。

あくまで自分であればこう考えるという程度のものなので、参考にはしないでくださいね。それでは興味がある方は以下からご覧ください。



トレンドラインから考えるビットコイン本格上昇相場の時期

BTC/JPY 日足チャート

 

テクニカル分析をする人であれば誰もが利用するツール「トレンドライン」。そのため、ラインの引き方やラインの活用方法も人それぞれだと思いますが、自分であれば上記の画像のようにラインを引きます。

『長期トレンドライン+短期トレンドライン』のセット引きです。

長期下降トレンドライン上抜けはそれまでの下落トレンドがいったん終わった事のサインですが、その後の短期下降トレンドライン上抜けがセットになる事で、そのサインの信憑性がより高まります。

ただ現状は短期下降トレンドラインの支配下中という事で、ここを上抜けしてこない事には上昇も何もありません。

では、いつ頃上抜けしてくるのか? ですが、このチャートを見るに「6月以降になる可能性も十分ある」と思わせるチャートになっています。少なくとも個人的にはそう感じます。

また、短期下降トレンドラインを上抜けしてきたからと言って、すぐさま本格上昇相場の開始というわけでもありません。上抜け後しばらくレンジ相場になる可能性も十分あります。

そうした事も含めて考えてみた時に、トレンドラインから考察するビットコインの本格的な上昇相場スタートの時期は「早くても6月、普通に考えれば7月以降」ではないかと思います。

 

移動平均線から考えるビットコイン本格上昇相場の時期

BTC/JPY 日足チャート

 

移動平均線を利用するというトレーダーの方も多いのではないでしょうか。自分もその愛用者の一人です。

上記日足チャートに表示させたのは以下 3本の移動平均線です。

  • 5日短期移動平均線(ブルー)
  • 25日中期移動平均線(ピンク)
  • 75日長期移動平均線(オレンジ)

 

日足レベルで見る時は「5・25・75」の設定をよく利用しています。

さておき、現状は短期・中期・長期の3本が絡まり合ってレンジ相場な雰囲気を醸し出しているように思えます。

細かい事を言えば 3本とも右肩下がり & 価格はそれら3本の下に位置している事から、下落圧力強めのレンジ相場といったところでしょうか。

では、この状況から一転して本格的な上昇相場がすぐにでも来るか? と聞かれると、やはり考えにくいというのが正直なところです。

「じゃぁ、いつ頃をイメージしているの?」ということですが、以下の画像を見てみてください。

 

 

移動平均線は設定日数が増えれば増えるほどなだらかな曲線を描くという特徴を利用して、25日中期移動平均線、75日長期移動平均線のなだらかなポジティブ予想ラインを描いてみました。(5日短期移動平均線はなだらかさに欠けるため割愛しています。)

こうしてみてみると、移動平均線から考察する自分なりのビットコイン本格上昇時期のスタートは「早くても7月以降なのかな?」という印象です。

 

ダウ理論から考えるビットコイン本格上昇相場の時期

BTC/JPY 日足チャート

 

最後に考察に含めてみたいのがダウ理論(のごく一部)です。

ダウさん曰く「下落トレンドが崩れたと言えるのは最後の戻り高値を上抜けした時(上昇トレンドが崩れたと言えるのは最後の押し安値を下抜けした時)」と言っています。

なので、どこが最後の戻り高値になるのかを見極める事が重要となってきます。

で、自分の場合、日足レベルでは最後の戻り高値を上記画像の位置(ピンク○・水平線A・128万円付近)と考えます。

異論も出るかと思いますが、これ、分かる方には分かってもらえると思います。ただ、この説明を書くと長くなってしまうので今回は割愛させて頂きますね。(別の時にまた記事にでもしようと思います。)

さておき、自分なりのダウ理論ではこの128万円の最後の戻り高値(水平線A)を越えてこないことには下落トレンドは継続しているということになります。言い換えれば、この水平線Aを越えてこないことには本格的な上昇相場に移行しないということになります。

そう考えれば「これからすぐに本格上昇相場が来る!」とはとても言えないというところです。

ざっくりとした物言いになってしまいますが、水平線Aを越えてくるのはやはり早くても7月以降というところではないでしょうか。

 

まとめ

BTC/JPY 日足チャート

 

ここまでで トレンドライン・移動平均線・ダウ理論を元に自分なりの適当な考察を書いてみましたが、それらを総合的にまとめると感覚的には上記の画像のようなイメージになります。(あくまでも現時点での考察&ポジティブな考察です。)

 

  • 6月   レンジ相場
  • 7月   レンジ相場から上昇相場へ移行
  • 8月以降 本格的な上昇相場開始

 

このステップで進んでいけば、チャート形状的にもとても自然でいかにもありそうなチャートに仕上がるように思えます。

しかし、そこはビットコイン相場ですよね。想像を超えるボラティリティで、こんな考察なんかかすりもせずに乱高下したりしてくれます。(^_^;)

加えて、あくまでもいち素人のズボラな考察です。当たるとは思えませんので「こんな風に考えてる人もいるんだ。へぇ〜。分かってないね www」としておいてください。笑

それでは、今回はこの辺りで失礼させて頂きます。^ – ^

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 



 

@Now_Research

Twitterで、毎日1回、ビットコイン(BTC)の簡易テクニカル分析やってます。テキトーなことを呟いてますが、興味がある方はフォローしてみてください。笑

 

 

初 心 者 用 記 事 一 覧

 

 

国 内 人 気 取 引 所 一 覧

取 引 所 特 徴
bitFlyer 世界一のセキュリティランクで安心!
Zaif 「コイン積立」で堅実な投資が可能!
bitbank アルトコインを国内最安値で購入可能!
GMOコイン スマホで快適にビットコインFX!
BINANCE 総合力No.1!世界一の取引所!

 

 

取 り 扱 い 通 貨 比 較 表

bitFlyer Zaif bitbank GMOコイン
BTC
ETH
XRP × ×
BCH
XEM × ×
MONA × ×
LTC ×
EOS × × × ×
ADA × × × ×
IOTA × × × ×
NEO × × × ×
OMG × × × ×
TRX × × × ×

BTC ビットコイン  ETH イーサリアム  XRP リップル  BCH ビットコインキャッシュ  XEM ネム  MONA モナコイン  LTC ライトコイン  EOS イオス  ADA エイダ  IOTA アイオータ  NEO ネオ  OMG オミセゴー  TRX トロン