【5/26版】ビットコイン先物の建玉枚数から予想する今後のBTC価格!

【5/26版】ビットコイン先物の建玉枚数から予想する今後のBTC価格!

この記事ではCFTC(米商品先物取引委員会)が毎週発行しているビットコイン先物レポートを取り上げ、今後のビットコイン価格の動向や値動きをざっくりと予想してみるシリーズ記事となっています。

ということで、早速本題に入っていこうと思います。



【5/26版】CFTC発行 BTC FUTURES(ビットコイン先物)建玉一覧表

2018/05/22 時点でのビットコイン先物 建玉 一覧表 (5/26発表)

 

上記画像が5/26(土)に発表された、5/22 時点でのビットコイン先物に関する報告レポートとなります。上段がCBOE(シカゴオプション取引所)のデータ、下段がCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のデータとなっています。

こちらの公式レポートでは分かりにくいため、当ブログでまとめ直したものを以下に載せておきます。その際、CMEの数字はCBOEの数字の5倍で表記しています。これはビットコイン先物取引をする最低取引量がCBOEでは1枚=1BTC なのに対し、CMEでは1枚=5BTC である為です。

 

 

CBOE(シカゴオプション取引所)とCME(シカゴマーカンタイル取引所)の個別データ表と、それら両方をまとめたデータ表です。過去1カ月分を掲載しています。

このデータ表からビットコインの価格の動向や今後の動きを考察してみようと思います。

 

BTC(ビットコイン)先物 建玉一覧表の分析

ヘッジファンドの売りポジション増加

 

とにもかくにも注目すべきはヘッジファンドの建て玉数! ということで今回も見てみると、先回  −3929枚 ⇒ 今回 −4302枚 と、売りポジションが約400枚も増えてしまっていることが分かります。´д` ;

先回のBTC先物レポート時点では、売りポジション枚数が膨らむこともなく、調整下落終了の可能性も垣間見えていただけに、ここへきてさらなる売りポジション増は凹みますね・・・。

そしてその売りポジション増を表すかのように、BTC現物チャートも見事に転がり落ちて行きました・・・。

 

ピンクの縦ラインのタイミングでBTC先物売りポジション数は先週比400枚増…

 

問題は下落がこの80万円近辺で終わってくれるのかどうかという点だと思いますが、今回の売りポジション総数 4302枚というのはビットコインが4月上旬に記録した直近最安値(68万円)の時とほぼ同数になります。

ということは・・・

単純に考えればその辺りまで価格が下落してもおかしくないとも言えます。

ただしテクニカル的な面で言えば、4月上旬は大きな下降トレンド下にあって売り圧力もしっかりとあったのに対し、今回は当時の大きな下降トレンドを脱出してはいるので、相場全体の売り圧力も幾分弱まっているかとは思います。

そう考えればビットコインが 4月上旬の価格68万円まで下げていく可能性はそんなには大きくはないのかもしれません。と言いながら、転がり落ちる可能性もしっかりとありますが・・・。

ただ、ここで記事を終えてしまうとビットコインをホールド中のロンガーの皆様にとっては辛いだけなので、希望に繋がるかもしれない事を次に書いてみようと思います。あくまで「かもしれない」程度ですが・・・。

 

4月上旬当時のヘッジファンドの動きを振り返る

 

希望的な話という事で、まずはビットコインが当時の最安値68万円を記録した時のヘッジファンドの動きに注目してみてください。

データを振り返ってみると、ヘッジファンドは売りポジションを 4116枚(4/10) ⇒ 4370枚(4/17) ⇒ 4701枚(4/24)と増やしている事が分かります。

ところがビットコイン価格はというと 4月上旬を「底」にして徐々に上昇していきました。

 

 

ヘッジファンドは必死で売っていたのにビットコイン価格は上がっていたんですね。このズレが今回も生じる可能性はゼロではありません。

確かにヘッジファンドは 5/15時点で−3929枚 ⇒ 5/22時点で−4302枚 と売りポジションを増やしてきていて、その間はビットコイン価格も下がりました。そうなると今後ヘッジファンドはさらに売り圧力を仕掛けてくる可能性は十分あります。

しかし、だからといってビットコイン価格がその影響を受けてこれから先も下落していくとは限らないという事ですね。むしろ 4月の時のように、ヘッジファンドをよそ目にビットコイン価格は上昇していくかもしれません。

・・・と考えてみれば、若干希望も湧いてくるかも?

さておき、 4月のデータを見るに、ヘッジファンドというのは下落には敏感ですが上昇には鈍感なのかもしれませんね。(^_^;)

 

まとめ

以上、【5/26版】ビットコイン先物の建玉枚数から予想する今後のBTC価格!とのタイトルでお届けしてきました。

ビットコイン価格の下落がここで止まるのか?それともまだ下がり続けるのか?

普通に考えればまだ下がるだろうという判断になりますね。ただ4月上旬の現象を考えれば、頭ごなしに下がるとも言い切れないといったところでしょうか。

まぁ、個人的にビットコイン価格は上がって欲しいと思っているので、ポジトーク気味に上昇支援な感じで記事を仕上げてしまっていますが、果たしてどうなるでしょうか? 今後の1週間の推移を見守っていこうと思います。

次回は6月2日(土)にアップする予定です。興味がある方はまたお越しください。(^_^)

それでは。

Happy Trading !!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 



 

@Now_Research

Twitterで、毎日1回、ビットコイン(BTC)の簡易テクニカル分析やってます。テキトーなことを呟いてますが、興味がある方はフォローしてみてください。笑

 

 

初 心 者 用 記 事 一 覧

 

 

国 内 人 気 取 引 所 一 覧

取 引 所 特 徴
bitFlyer 世界一のセキュリティランクで安心!
Zaif 「コイン積立」で堅実な投資が可能!
bitbank アルトコインを国内最安値で購入可能!
GMOコイン スマホで快適にビットコインFX!
BINANCE 総合力No.1!世界一の取引所!

 

 

取 り 扱 い 通 貨 比 較 表

bitFlyer Zaif bitbank GMOコイン
BTC
ETH
XRP × ×
BCH
XEM × ×
MONA × ×
LTC ×
EOS × × × ×
ADA × × × ×
IOTA × × × ×
NEO × × × ×
OMG × × × ×
TRX × × × ×

BTC ビットコイン  ETH イーサリアム  XRP リップル  BCH ビットコインキャッシュ  XEM ネム  MONA モナコイン  LTC ライトコイン  EOS イオス  ADA エイダ  IOTA アイオータ  NEO ネオ  OMG オミセゴー  TRX トロン