イーサリアム(ETH)チャート分析:2018年5月雑感 & 6月価格予想!

イーサリアム(ETH)チャート分析:2018年5月雑感 & 6月価格予想!


イーサリアム(ETH)チャート分析:2018年5月雑感

ETH/JPY 日足チャート

 

5月が終わるまで今日を含めてあと3日残っていますが、他の投稿予定記事との兼ね合いで今日アップする事にしました。

さて 5月のイーサリアムはと言うと、月初の上昇を除けば下落の一途を辿り続けた1ヶ月間となってしまいました。

4月からのひっきりなしの上昇相場に対しての調整下落相場とはいえ、1ヶ月間ずっと下がり続けるというのはメンタル的にしんどいものがありますね・・・。´д` ;

個人的には下落のための調整はかなりの程度消化されてきているように感じます。現状フィボナッチ61.8%のところでサポートされているので、このタイミングで調整下落完了と判断する人も出始めるのではないでしょうか。

 

イーサリアム(ETH)チャート分析:2018年6月価格予想

ここからは 6月のイーサリアム(ETH)の価格予想をしてみようと思います。それに先立って予想のためのテクニカル分析ツールを以下のように書き出してみました。

 

ETH/JPY 日足チャート

 

表示したテクニカルツールは以下になります。

  • 下降トレンドラインA
  • 水平線B/C/D/E
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • 短期5日移動平均線(ブルー)
  • 中期25日移動平均線(ピンク)
  • 長期75日移動平均線(オレンジ)

 

そしてこれらを元に個人的に予想してみた6月のイーサリアムの値動き予想が以下の赤矢印線になります。

 

 

ご覧のように「上昇」と予想してみました。

6月初旬くらいまでは価格は下げる可能性はあるものの「底打ち完了」ということで後は上昇に転じていく可能性が高いと見ています。

上昇と予想する根拠は以下の2点です。

  1. 価格の波
  2. 水平線D & フィボナッチ78.6%の存在

 

それぞれの根拠について簡単に触れてみようと思います。

 

根拠 1 :価格の波について

 

上記画像だけで説明不要という方も多いと思いますが一応触れておきますね。

最近のイーサリアム価格は1ヶ月単位でアップダウンを繰り返してきています。3月下落 ⇒ 4月上昇 ⇒ 5月下落 という具合です。とくれば 6月は順番的に「上昇」という読みが自然ではないかと思います。

補足説明となりますが、イーサリアムの日足チャートを俯瞰的に見ると、3月からレンジ相場に移行していることが分かります。下限は4万円・上限は9万円あたりです。

レンジ相場時の価格の値動きの傾向としては、下限では買われ、上限では売られるというものがあります。こうしたレンジ相場特有の傾向と照らし合わせた時にも、6月上昇の可能性は十分あると見ます。

 

根拠 2:水平線D & フィボナッチ78.6%の存在について

 

6月上昇と予想した時に、次に考えるのが「現在価格はどこで下げ止まるのか?」という点です。

その下げ止まりポイントの候補は2つあります。

 

一つはフィボナッチ61.8%にあたる今現在の価格帯(5万8千円付近)

もう一つはフィボナッチ78.6% & 水平線D にあたる価格帯(5万円付近)

 

どちらでも下げ止まる可能性はあるんですが、念のため、根拠が多い後者の方を選択してみたというところです。後者の方がよりレンジの下限に近づくので、なおのこと下げ止まりポイントとしては機能しやすいとも言えます。

というわけで、ここを下げ止まりポイントとして6月の上昇が始まると予想してみました。

しかしそうは言いながらも、61.8%で反発する可能性もありますし、逆に水平線Eまで下落していってしまう可能性もなくはないです。相場に「絶対」はありませんので、その時々で臨機応変に対応する必要があるかと思います。

1ヶ月間の値動き予測は不確定要素がありすぎて当たらないことがほとんどなので、この記事の値動き予想も無視してくださいね。あくまで暇つぶしの読み物程度に留めておいてください。(^_^)

 

イーサリアム(ETH)の購入方法について

さて万が一ですが、今回の予想通りの値動きをしていくとすれば、今がイーサリアムの買い時・仕込み時となります。イーサリアム(ETH)を購入してみたいという投資初心者の方もおられるかもしれません。ということで購入方法を簡単に書いておきます。

イーサリアム(ETH)を買うためには、「仮想通貨取引所」というところで口座開設(アカウント作成)をして、そこで購入する必要があります。

国内にもたくさんの仮想通貨取引所がありますが、お勧めは「ビットフライヤー」「ザイフ」「ビットバンク」の3つです。この中からどの取引所を選べばいいのか迷うという方のために、幾つか参考情報を提供させて頂きます。(^_^)

まず、セキュリティを重視したければ「ビットフライヤー」がおすすめです。コインチェックのネムハッキング事件が記憶に新しいところですが、ビットフライヤーは以前にセキュリティランク世界No.1を獲得しています。

 

関連記事:取引所『ビットフライヤー』の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

 

一方、とにかく安くイーサリアム(ETH)を購入したければ「ザイフ」「ビットバンク」がおすすめです。顧客同士で仮想通貨売買ができる「板取引システム」を導入しているので、国内最安値でイーサリアムが購入できます。

「ザイフ」と「ビットバンク」の違いはイーサリアム以外の取り扱い通貨の部分です。「ザイフ」ではネム(XEM)を、「ビットバンク」ではリップル(XRP)を取り扱っているので、それらの仮想通貨への投資も検討しているのであれば、それを判断基準にしてどちらにするかを選ぶといいかと思います。

 

関連記事:取引所『ザイフ』の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

関連記事:取引所『bitbank』(ビットバンク)の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

 

各取引所のURLも以下に載せておきます。口座開設(アカウント作成)したい方はご活用ください。^ – ^

 

⇒ bit Flyer 公式サイト

⇒ Zaif 公式サイト

⇒ bitbank 公式サイト

 

まとめ

以上【イーサリアム(ETH)チャート分析:2018年5月雑感 & 6月価格予想!】とのタイトルでお届けしてきました。

繰り返しになりますが、くれぐれも当記事を投資判断の材料にすることだけはしないようにしてください。まず間違いなく痛い目に遭います。(^_^;)

この仮想通貨界隈には自分よりもはるかに優れたテクニカルトレーダーの方が大勢おられるので、そうした方々を参考にされてください。

それでは。

Happy Trading !

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 



 

@Now_Research

Twitterで、毎日1回、ビットコイン(BTC)の簡易テクニカル分析やってます。テキトーなことを呟いてますが、興味がある方はフォローしてみてください。笑

 

 

初 心 者 用 記 事 一 覧

 

 

国 内 人 気 取 引 所 一 覧

取 引 所 特 徴
bitFlyer 世界一のセキュリティランクで安心!
Zaif 「コイン積立」で堅実な投資が可能!
bitbank アルトコインを国内最安値で購入可能!
GMOコイン スマホで快適にビットコインFX!
BINANCE 総合力No.1!世界一の取引所!

 

 

取 り 扱 い 通 貨 比 較 表

bitFlyer Zaif bitbank GMOコイン
BTC
ETH
XRP × ×
BCH
XEM × ×
MONA × ×
LTC ×
EOS × × × ×
ADA × × × ×
IOTA × × × ×
NEO × × × ×
OMG × × × ×
TRX × × × ×

BTC ビットコイン  ETH イーサリアム  XRP リップル  BCH ビットコインキャッシュ  XEM ネム  MONA モナコイン  LTC ライトコイン  EOS イオス  ADA エイダ  IOTA アイオータ  NEO ネオ  OMG オミセゴー  TRX トロン