リップル(XRP)チャート分析:2018年5月雑感 & 6月価格予想!

リップル(XRP)チャート分析:2018年5月雑感 & 6月価格予想!



リップル(XRP)チャート分析:2018年5月雑感

XRP/USD 日足チャート

 

記事執筆日時が5月31日ということでまだ5月は完全には終わっていませんが、リップルの5月まとめ&6月予想記事を書いてみようと思います。

チャート図はピンクの縦線2本の間が2018年5月の1ヶ月間となっていますが、リップルは 5月4日に $0.93(約100円)の月間最高値を付けた後はひたすら下落を続けていきました。

5月28日には$0.55(約60円)まで値を落とし、月間最高値から月間最安値までの価格下落率は 41.5%という大きなものとなってしまいました。

5月のフィニッシュの価格はまだ出ていませんが、$0.6(65円)付近で収まりそうな気配です。

それにしてもとにかく下げてきましたね・・・。(^_^;) リップルの価格の下落ぶりは毎度のことながらヒヤヒヤさせられます。その分上昇に舵を切った時の暴騰ぶりも凄まじいんですが、その暴騰がなかなかやってこないんですよね・・・。

今はリップラーにとっては辛抱の時ですね。頑張ってみんなで耐え忍びましょう!!

 

リップル(XRP)チャート分析:2018年6月価格予想

さて、ここからは6月のリップル(XRP)の価格予想をしてみようと思います。

が、月間の値動き予想というのはまず当たることはありません。時間軸が長期になればなるほど不確定要素が増えますし、価格分岐点も増えるためです。

なので当記事の予想も投資判断の材料にだけはしないようにしてください。「こんな考え方もあるんだ。」くらいに留めておいて頂ければありがたいです。(^_^)

では早速ですが、予想をするにあたって以下のチャート図のようにテクニカルツールを書き出してみました。

 

XRP/USD 日足チャート

 

描画したテクニカルツールは以下の通りです。

  • 下降ラインA(ピンク)
  • 上昇ラインB(ピンク)
  • 水平線C/D/E/F
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • ZIGZAG(手動で引いたもの)

 

これらのテクニカルツールを参考にした時の自分の6月のリップルの値動き予想は以下の通りです。

 

XRP/USD 日足チャート(拡大版)

 

赤色の矢印が6月のリップル値動き予想となっています。ご覧のように『水平線Cまでの上昇』と予想してみました。

ただ読者の方の中には「ん?そうなの?だってリップルは今も下降トレンド継続中でしょ?下落していく方が可能性高いんじゃないの?」と思われた方もおられるかもしれません。

確かにその通りで自分も今のリップルは日足レベルでは下降トレンド継続中だと考えています。(青色のZIGZAG線の引き方が合っていればそういうことになります。)

そのため5月末の価格帯からのさらなる下落の可能性も当然あります。それでもあえて上昇と予想してみた理由について以下に書いてみようと思います。

 

根拠1:他の暗号通貨は上昇しやすい環境にある

1つ目の根拠はリップル以外の他のメジャーな暗号通貨が上昇しやすい環境にあるという点です。そのためリップルもその動きに同調して上昇していく可能性はあると判断してみました。

例えば、当ブログでは6月の価格予想記事としてすでにイーサリアム(ETH)とビットコインキャッシュ(BCH)を出していますが、そのどちらの通貨も5月末の時点では上昇しやすい環境下にあります。

 

関連記事:イーサリアム(ETH)チャート分析:2018年5月雑感 & 6月価格予想!

関連記事:ビットコインキャッシュ(BCH)チャート分析:2018年5月雑感 & 6月価格予想!

 

また、暗号通貨の王様ビットコインに関しては毎週価格予想記事を出していますが、そちらも上昇に向けて着々と底固めをしてきているような印象を受けます。

 

関連記事:ビットコイン週間チャート分析記事一覧

 

こうしたメジャーな暗号通貨が上昇に向けて動き出しそうなのであれば、同じくメジャーなリップルもそれにつられた動きになりやすいということから「6月上昇」と予想してみました。

 

根拠2:トライアングル下限で反発ポイントに位置している

 

2つ目の根拠は 下降ピンクラインA と 上昇ピンクラインB で形作られるトライアングルの下限に位置しているためです。

このトライアングルは「シンメトリカル・トライアングル」と呼ばれる典型的なチャートパターンの一つです。典型的なパターンだからこそ多くの投資家たちも意識する形といえます。

「シンメトリカル・トライアングル」の場合、トライアングルの上限では「売り」で入り、トライアングルの下限では「買い」で入ることが推奨されているので、その通りになると考えれば6月は上昇と予想するのがセオリーだと考えます。

また6月の上昇価格目処を$0.73(約78円)としたのも、ひとつには「シンメトリカル・トライアングル」の上限(ピンク下降ライン)の存在があるからです。もうひとつは同じ価格帯に短期水平線Cがあるためです。まぁ、当たらないんですが。笑

 

根拠3 : 水平線Eは反発ポイント

 

おまけ程度ですが根拠の3番目は水平線Eの存在です。

5月末の $0.55(約60円)の価格帯は水平線Eによるサポートを受けられる価格帯です。実際に5月29日にはその水平線Eで反発しています。ここを起点として6月の上昇に転じていく可能性は多少なりともあると言えるのではないでしょうか。

加えてその価格帯はフィボナッチ78.6%も存在します。

ただ本来のフィボナッチリトレースメントの使い方ではないので根拠とするには不十分です。というかフィボナッチをメインの分析に利用されている投資家の方々には怒られそうな使い方ですよね。すみません。(^_^;)

とはいえないよりはあった方が気分的にましなので、物のついでということで載せておいてみました。このフィボナッチ78.6%はおまけのおまけのおまけ程度な感じです。

 

リップル(XRP)のお得な購入方法

 

ここからは話題を変えてリップルの購入方法についてです。リップル(XRP)に投資をしたいという初心者の方のために、お得に購入する方法を簡単に書いておきます。

結論から言うと「ビットバンク」という暗号通貨取引所で口座開設をして購入をするという方法になります。

日本国内でリップル(XRP)を扱っている取引所は幾つかありますが、その中で「ビットバンク」がリップル(XRP)を一番安く購入できます。安く購入できる理由は顧客同士で売買を行う板取引という制度を導入しているからです。

加えて「ビットバンク」は国内で人気の暗号通貨モナコイン(MONA)も安く購入可能ですし、他のメジャーな暗号通貨も同様です。

口座開設しておいて損のない取引所の一つです。開設してみたい方は以下のリンクからどうぞ。(^ ^)

 

ビットバンク公式サイト

https://bitbank.cc/

 

関連記事:『bitbank』(ビットバンク)の概要・取り扱い通貨・特徴・評価について

 

まとめ

以上【リップル(XRP)チャート分析:2018年5月雑感 & 6月価格予想!】とのタイトルで書いてみました。

あーだこーだ言いながらグダグダ書いてしまいましたが「こんな風に今のリップルチャートを見ている人がいるんだ」程度に捉えておいて下さい。まず当たりませんので。笑

それにしてもリップルの低迷は長らく続いてますよね。2018年初の1XRP=360円が夢のようです。リップルさんの気まぐれで6月に突然の暴騰 ⇒ 1XRP=200円 !とかやらかしてくれるのはいつでも大歓迎なんですが、まぁ、ないですかね。(^_^;)

そんな贅沢は言わないので、リップルさん、とりあえず6月は上昇でお願いします。

それでは皆様にとっても6月が素晴らしい月となりますように。

Happy Trading !

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 



 

@Now_Research

Twitterで、毎日1回、ビットコイン(BTC)の簡易テクニカル分析やってます。テキトーなことを呟いてますが、興味がある方はフォローしてみてください。笑

 

 

初 心 者 用 記 事 一 覧

 

 

国 内 人 気 取 引 所 一 覧

取 引 所 特 徴
bitFlyer 世界一のセキュリティランクで安心!
Zaif 「コイン積立」で堅実な投資が可能!
bitbank アルトコインを国内最安値で購入可能!
GMOコイン スマホで快適にビットコインFX!
BINANCE 総合力No.1!世界一の取引所!

 

 

取 り 扱 い 通 貨 比 較 表

bitFlyer Zaif bitbank GMOコイン
BTC
ETH
XRP × ×
BCH
XEM × ×
MONA × ×
LTC ×
EOS × × × ×
ADA × × × ×
IOTA × × × ×
NEO × × × ×
OMG × × × ×
TRX × × × ×

BTC ビットコイン  ETH イーサリアム  XRP リップル  BCH ビットコインキャッシュ  XEM ネム  MONA モナコイン  LTC ライトコイン  EOS イオス  ADA エイダ  IOTA アイオータ  NEO ネオ  OMG オミセゴー  TRX トロン