ビットコイン週間チャート分析:下落終了の兆し & 来週の価格予想(18/6/3版)

ビットコイン週間チャート分析:下落終了の兆し & 来週の価格予想(18/6/3版)


ビットコイン週間チャート分析:2018/5/27〜6/2

5/27〜6/2のビットコインの値動きについて

BTC/JPY 4時間足チャート

 

ピンクの縦ライン2本の間が過去1週間(5/27〜6/2)の期間となっています。

1BTC=82万7820円を始値としてはじまりましたが、直後に3万円ほどの急落を見せた後はずるずると77万円台まで下がっていきました。しかしそこからはじりじりと上げ続け、週の終値は83万1570円でフィニッシュとなりました。

 

先回のビットコイン値動き予想の結果は?

 

先週のビットコイン価格予想2本の値動き(ピンクジグザグライン×2 )をチャート画像に描き出してみました。(ざくっと描き出したので正確ではありません。ご容赦ください。正確なものはこちらの記事で確認できます。)

予想①の値動きをする確率を40%、予想②の値動きをする確率も40%として記事を書きました。

結果的には予想①がかなり良い線をいっていました。予想①では全体的にはレンジ相場で移行していく事、週の終値を80万円前半で終える事を予想していましたが、その通りになってくれました。

76万5千円〜78万5千円の間のゾーンで反発が入るという予想もピタリとはまったので「よし!」という感じです。

久しぶりに高い精度で予想できたので個人的には満足です。本当に久しぶりですが。笑

惜しむべくはレンジ相場の中でWボトムをつけにいくのでは?という予想が外れてしまったことですね。ワンボトムで終わるところまでは流石に想像できませんでした。(^_^;)

後は予想実現確率を予想①と予想②で同比率(共に40%)にしていたこともちょっと残念な部分ですね。予想①を50%、予想②を30%といったように、予想①の可能性を大きく見積もっていれば個人的な満足度ももう少し上がっていたと思います。

 

ビットコインの来週の値動き予想

ではここからは来週のビットコインの価格予想をやっていこうと思います。先回はたまたま良い具合に当たりましたが、たまたまです。

今回も頑張って予想はしますが、先回のようなことにはまずならないので、投資判断の参考にはしないようにお願いします。^ – ^

ということで予想に入っていこうと思います。

予想するにあたってまずは分析ツールを以下の画像のように出してみました。

 

BTC/JPY 12時間足チャート

 

表示テクニカル分析ツール

  • 下降トレンドラインA(ピンク)
  • 水平線 B・C・D・E(D&D’はゾーンで捉えるため同一視)
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • 短期20日移動平均線(青)
  • 中期60日移動平均線(ピンク)
  • 長期120日移動平均線(オレンジ)

 

補足説明になりますが、水平線 D & D’ は間隔が狭いため個人的には同一視しています。同一視しているというのは水平線 D & D’ の間をレジスタンス/サポートの「ゾーン」として捉えているということです。そのためウォーターブルーのBOXで囲んでいます。

ということでごちゃごちゃしてますが、これらのテクニカル分析ツールを元に今回は3つの予想を立ててみようと思います。

 

来週のビットコインの値動き予想 ①

BTC/JPY 4時間足チャート

 

来週のビットコインの値動き予想①は「上昇からの下落」を予想してみました。

  • 水平線Cまで上昇
  • 水平線Cで跳ね返され水平線D&D’(ブルーBOXゾーン)まで下落
  • 6/9(土)の終値を80万円付近と予想

 

下降トレンドラインAを突破してきていることから、おのずと上目線の予想になります。

上目線での予想となった時に幾つかのパターンが考えられると思うんですが、この予想はそのパターンの中でもかなりオーソドックスな予想の一つではないかと思います。

水平線Cは日足レベルでもしっかりと機能しているラインになるため、このポイントで利益確定の売りはまず間違いなく入ってきます。また新規の売りも同様です。

それがどれほど入ってくるかでその後の値動き予想も変わってくるんですが、この予想①はしっかりと利益確定売り&新規売りが入ってくると見積もった場合の予想となっています。

個人的にはこの値動きがもっともチャートらしい動き、相場らしい動きなように思えます。

なおこの予想は現在価格より下がる予想になっていますが、次のさらなる大きな上昇に向けてのエネルギー充電のための下げで、この先さらに下落していくための下げとは考えていません。

もしこの予想通りの値動きとなった場合は、間違っても狼狽売りなどはしないようお勧めします。(^_^)

 

来週のビットコインの値動き予想 ②

BTC/JPY 4時間足チャート

 

来週のビットコインの値動き予想②は「上昇」と予想してみました。

  • 水平線C突破
  • 水平線Cに調整の戻しを付けて終了
  • 6/9(土)の終値を90万円付近と予想

 

こちらの予想は水平線Cでの利益確定売り&新規の売りが思ったほどなかった場合を想定した予想となっています。なので水平線Cで跳ね返されることなく突破するという予想になっています。

加えて、こちらの記事(⇒ 【6/2版】ビットコイン先物の建玉枚数から予想する今後のBTC価格!)にて詳細は書いているんですが、現在、ヘッジファンドによるビットコイン先物の売りポジションが過去最大量で溜まっている状況です。

それらヘッジファンドがその売りポジションを決済し始めるとすれば、それが上昇エネルギーとなって水平線Cの突破を後押ししてくれるという可能性も十分あります。

一応ビットコイン先物のことをご存知ない方のために簡単に説明させて頂くと、ビットコイン先物は最初に「売り」から入ることができる商品で、「売り」から入った場合は最後に必ず「買い」戻す必要があります。その「買い」(売りポジションの決済)が価格上昇の後押しになるということです。

今取り上げたような要素が盛り込まれれば水平線Cの突破も十分ありえると思います。

その後は調整のための下落がいったん入るのは自然ではないかとみます。

 

来週のビットコインの値動き予想まとめ

 

以上、今回は2パターンのビットコインの値動きを予想してみました。その上でそれぞれの予想が実現しそうな確率を自分の感覚で書いてみます。

  • 予想① 40%
  • 予想② 30%
  • 予想外 30%

 

予想①も予想②もどちらもありえそうではあるんですが「どちらの方がより自然なチャート図か?」と考えた時にやはり予想①の方になります。

ただこの相場感というのは仮想通貨相場だけではなくFX相場で培っている感覚でもあります。そしてFX相場の感覚は仮想通貨相場では通用しないことが多々あるのもまた事実です。なのでくれぐれも「あて」にはしないでください。笑

そして予想①と予想②以外の値動きをする可能性として「予想外」という枠も設けています。今回は30%にしてみました。

前回こそビットコインの1週間の値動きをおおざっぱに当てることはできたものの、普段はこの予想外の値動きをすることがほとんどです。

なので基本的には予想①と予想②以外の値動きを考えてもらった方がよろしいかと思います。笑

 

まとめ

以上【ビットコイン週間チャート分析:下落終了の兆し & 来週の価格予想(18/6/3版)】とのタイトルでお届けしました。

下降トレンドラインAを上抜けしてきていることから、5月から始まった調整の下落も終了の兆しを見せはじめています。

このまま「調整下落完了」からの「本格的上昇相場突入」となるのを期待したいところですね。

さて、今回の予想はどうなるでしょうか。来週末の結果を楽しみにしながらまた1週間を過ごしていこうと思います。みなさんにとっても良い1週間となりますように。^ – ^

それでは。

Happy Trading !

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 


 

@Now_Research

Twitterで、毎日1回、ビットコイン(BTC)の簡易テクニカル分析やってます。テキトーなことを呟いてますが、興味がある方はフォローしてみてください。笑

 

 

初 心 者 用 記 事 一 覧

 

 

国 内 人 気 取 引 所 一 覧

取 引 所 特 徴
bitFlyer 世界一のセキュリティランクで安心!
Zaif 「コイン積立」で堅実な投資が可能!
bitbank アルトコインを国内最安値で購入可能!
GMOコイン スマホで快適にビットコインFX!
BINANCE 総合力No.1!世界一の取引所!

 

 

取 り 扱 い 通 貨 比 較 表

bitFlyer Zaif bitbank GMOコイン
BTC
ETH
XRP × ×
BCH
XEM × ×
MONA × ×
LTC ×
EOS × × × ×
ADA × × × ×
IOTA × × × ×
NEO × × × ×
OMG × × × ×
TRX × × × ×

BTC ビットコイン  ETH イーサリアム  XRP リップル  BCH ビットコインキャッシュ  XEM ネム  MONA モナコイン  LTC ライトコイン  EOS イオス  ADA エイダ  IOTA アイオータ  NEO ネオ  OMG オミセゴー  TRX トロン