大丈夫?お年寄り認定されちゃう『昭和言葉』ランキングTOP30!!

大丈夫?お年寄り認定されちゃう『昭和言葉』ランキングTOP30!!

みんなが気になる話題のランキング。今回はうっかり使ってしまっているとお年寄り認定確実な「昭和言葉」ランキングです!

皆さんの回りにも昭和言葉ばかり使っている人いませんか?というか、自分自身が昭和言葉を気付かず使っていてお年寄り認定されてませんか?

gooランキングで「昭和言葉」ランキングをやっていたので、そちらを参考に記事にしてみました。(参照:goo ランキング)セルフチェックも兼ねて楽しんでくださいね。(^_^)


『昭和言葉』ランキング 30位~21位

29位 ハイカラ 42票
29位 カセット 42票
27位 めんご 43票
27位 アッシーくん 43票
26位 バイビー 45票
25位 花金 46票
24位 ドロン 47票
23位 半ドン 48票
22位 だいじょうV 49票
21位 チョッキ 54票

27位の「アッシーくん」は平成っ子でも使ってたりするのをたまに見かけますがどうなんでしょうね?

25位の「花金」(花の金曜日)は平成時代で言う「プレ金」というところでしょうか。時代は変わっても金曜日というのはサラリーマンにとってはやっぱり特別な曜日なんですね。

『昭和言葉』ランキング 20位~11位

20位 アウトオブ眼中 56票
19位 ガビーン 60票
18位 ズロース 61票
17位 とっくり 67票
16位 チョメチョメ 68票
15位 A面/B面 73票
14位 エッチスケッチワンタッチ 75票
13位 バッチグー 80票
12位 アッと驚く為五郎 83票
11位 余裕のよっちゃん 86票

20位に入ってきました。「アウトオブ眼中」。「眼中にない。問題外。」といった意味合いで使われてましたね。個人的にはもっと上位を目指せる力があるかと思ったんですが・・・。(^_^;)

17位の「とっくり」。これは昭和言葉でもかなり初期ではないでしょうか。今はタートルネックですね。

ちなみにタートルネックとハイネックの違いはご存知でしょうか?

実は「襟の長さ」で変わります。タートルネックは襟が長く折り返して着るタイプ。ハイネックはタートルネックよりも襟が短く折り返すまでの長さはないものの、通常の襟よりも長いものだそうです。

左がハイネック   右がタートルネック

source : allabout.co.jp

まぁ、どうでもいいですね。(笑)

『昭和言葉』ランキング 10位~4位

10位 冗談はよしこちゃん 87票
7位 ももひき 88票
7位 シミーズ 88票
7位 衣紋掛け 88票
6位 許してちょんまげ 95票
5位 チャンネルを回す 148票
4位 よっこいしょういち 152票

7位の「衣紋掛け」。これ、意味はもとより何と読むのかさえ分からないという平成生まれの人が多いのだとか。読み方は「えもんかけ」。意味は「ハンガー」です。ただ、昭和世代でも後期は「衣紋掛け」という言葉は使っていなかったような・・・。

4位の「よっこいしょういち」。平成世代はこの言葉のルーツも全く知らないという人が多いかと思いますので、簡単に説明をさせて頂きます。

昭和時代に旧日本軍の軍人で横井庄一(よこいしょういち)さんという人がいました。彼は28年間(太平洋戦争終戦後の27年間を含む!)、グアム島のジャングルで、戦争終結の知らせを受け取ることなく一人で潜伏生活をしていたんです!

その横井さん、現地の人に発見されて無事日本に帰国した時の第一声が「恥ずかしながら生きながらえて帰って参りました」という言葉でした。戦後27年を経て繁栄期にあった日本に衝撃を与えた言葉でした。

「よっこいしょういち」はその「横井庄一」さんと「よっこいしょ」をかけ合わせた造語になっています。が、わたしも誰かが使っているのを聞いた記憶はないですね。

グアムで発見された横井庄一さん

source : trend-japon.com

『昭和言葉』ランキング 第3位

「あたり前田のクラッカー」 199票

第3位は「あたり前田のクラッカー」です。「あたり前だろ」と言いたい時につい「あたり前田のクラッカー!!」と言ってしまっていることはありませんか?(笑)

これは前田製菓が作っているクラッカーがルーツの昭和言葉。当時、そのクラッカーのテレビCMがあって「耳に残るキャッチフレーズを!」ということでできた言葉が「あたり前田のクラッカー」なんですね。

source : surulog.exblog.jp

探してみたらYoutubeにCM動画があったので載せておきます。Youtube恐るべし。

 

『昭和言葉』ランキング第 2位

「アベック」 209票

第2位は「アベック」です。意味としては「男女の2人連れ」といったところでしょうか。今では「カップル」と言われています。・・・という解説ももう古くなりつつあり、今の10代は「カップル」という言葉から「リア充」という言葉に移行しつつあるようです。時代の流れは本当に早いですねぇ。(^_^;)

ちなみに「リア充」とは「リアルに充実している」の略語で「現実での生活が充実している人=彼氏・彼女がいて充実した毎日を過ごしている人」という意味になってます。

『昭和言葉』ランキング 1位

「ナウい」 232票

昭和感を代表する「昭和言葉」の栄えある第1位は「ナウい」です。おめでとうございます!! 笑

「ナウい」とは「今風の」とか「流行の」という意味で使われていました。「今日のファッション、ナウいねぇ!」みたいな感じでしょうか。多分。

そんな「ナウい」、ご立派にもWikipediaに単語登録されていたので引用しておきますね。

「ナウい」とは、かつて流行した若者言葉で、「今風の」を意味する語である。英語の「now」に由来し、新しいものを「ナウな」と表現した(テレビ番組「ぎんざNOW!」「ナウなヤングのフィーリング」などから派生した。対義語は「ダサい」。

消費社会化が始まった1970年代中盤に発生したと思われる。

source : Wikipedia

ちなみにWikipediaの「ナウい」のページを開くと「この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。」との文言が記載されていました。そりゃそうでしょーね。(^_^;)

みんなの反応

さて「昭和言葉」ランキングを取り上げてみましたが、いかがでしたか?セルフチェックに大いに役立った方もおられるかも?

最後にこの「昭和言葉ランキング」をみた2chのみんなの反応を紹介させてもらってこの記事を終わりとさせてもらいます。

俺、ヤングだから分からんわ。

こういうリストにすら載ってこない言葉もあるよな。
かわいこちゃんとか、お色気ムンムンとか。

チョべリバは平成よのう?

使わねえけど全部わかる俺はおっさん。

最後までお読みいただきありがとうございました!