ポイントが貯まる楽天でんきで電気代を節約!メリット・デメリット・口コミ・評判をチェック!

毎月毎月必ず出ていく電気代。その固定費を節約できるとしたらありがたいですよね。

この記事では、電気の契約を楽天でんきに切り替えることでどこまで節約できるのかについて書いています。

またその他のメリットやデメリットやみんなの口コミ、さらに当ブログ管理人の楽天でんき申し込み体験レポートなども載せています。

「楽天でんき」にしようかどうか迷っている方は、是非、参考にしてみてください。(^_^)

 

楽天でんきとは?

これまでは地域で決められていた電力会社としか契約できなかった電気ですが、 2016年4月の「電力自由化」以降、現在の地域電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社とも電気を契約できるようになりました。

その新電力会社のひとつが楽天株式会社が運営する楽天エナジー(Rakuten Energy)です。

その楽天エナジーが提供している電気サービスが楽天でんきです。

 

楽天のでんき

楽天でんきのメリット

メリット1:電気代が安くなる

 

 

楽天でんきに切り替えるメリットはなんといっても電気代が安くなるという事です。(後述しますが例外もあります。)

安くなる理由は2つあります。

 

1つ目の理由は「基本料金が0円」という事です。

従来の地域電力会社では基本料金が必ず徴収されていますが、楽天でんきではその基本料金がまったくかかりません。(※ 東京電力の従量電灯Bの場合、10A 280.8円、20A 561.6円、30A 842.4円、40A 1123.2円、50A 1404.0円、60A 1684.0円 の基本料金がかかります。)

 

2つ目の理由は「従量料金が固定されている」という事です。

従来の地域電力会社では3段階制になっていて、段階が上がる毎に1kWhの料金も高くなっていきますが、楽天でんきでは1kWhあたりの金額がどれだけ使っても固定されたままです。(※ 東京電力を例にとると、120kWhまで 1kWhあたり約19円、120kWh〜300kWhまで 1kWhあたり約25円、300kWh以上 1kWhあたり約29円と、段階毎に上がっていきます。)

なので、毎月300kWhを超えてたくさん電気を使っている世帯であればある程、電気代を安くすることができるというわけです。

 

実際どれくらい安くなるのかが気になるところだと思いますが、楽天でんきの公式サイトではサンプルとして2つのケースが取り上げられていました。

以下、画像を載せておきますね。

 

 

標準的な4人世帯のケースの場合は初年度で22617円、標準的な2人世帯の場合は初年度で8354円安くなるという例が紹介されていました。4人世帯などのように、大きな世帯で大きなアンペア数を契約している家庭ではかなり安くなりそうですね。

ただ逆に、契約アンペア数が小さく電気をそこまで使っていない家庭では、今と比較して大きく安くなるという事はないようです。これも後述しますが我が家の場合がそうでした。

それでも今までの電気代と比べれば安くなるので、メリットであることに変わりはないですね。(^_^)

 

メリット2:楽天ポイントが貯まる

 

楽天でんきにすると、電気代が安くなるだけでなく、電気料金に応じて楽天ポイントも貰えてしまいます。

楽天でんきにした人は誰でも、電気料金200円につき楽天のポイントが1ポイント貰えます。

また楽天カードで電気料金を払うようにすれば、100円につき更に1ポイント貰えてしまいます。

また、今なら楽天でんきに申し込むだけで楽天のポイントが2000ポイントプレゼントされます!(※契約期間が4ヶ月以上の方がプレゼントの対象となります。)

というわけで、普段、楽天カードや楽天市場をよく利用するという方には輪をかけて大きなメリットがあるということなんですね。

我が家も楽天カードをメインカードとして使っているので、このメリットはとても嬉しい限りです。(^_^)

 

メリット3:楽天ポイントで支払いができる

 

楽天でんきで貯めたポイントは、電気代の支払いに利用することができます。

素晴らしい好循環ですよね。ただでさえ電気代が安くなるのに、もらったポイントをでんき料金に充当することでさらに電気代を安くしていくことができてしまいます。

ちなみに、楽天市場でお買い物をした時などに貰える期間限定ポイントも、楽天でんきの支払いに充てることができます!

楽天ユーザーの方なら分かってもらえると思うんですが、この楽天の期間限定ポイントって何気に使い勝手が悪いんですよね・・・。

利用期限が限られていて、かつ、そこまで貯まるものでもないから、いつも期限ギリギリに無理矢理楽天市場を覗いてポイントの範疇で買えるものを渋々買うみたいなことになってます。(^_^;)

が、これからはそんなプチ不満ともおさらばできます。

 

メリット4:契約の縛りがない(解約金がかからない)

楽天でんきは一部の電力会社と違い、契約期間の縛りがありません。

その為いつ契約を辞めても解約金・違約金がかかりません。

なので、とりあえず試しに楽天でんきと契約して、何か気に入らないことが発覚すればすぐに元の電力会社に戻す or 別の電力会社に乗り換えるといった事もできてしまいます。

さらに、その際の楽天でんきの解約手続きも不要となっていて、新しい電力会社に申し込みすることで自動的に楽天でんきが解約されるという素晴らしいシステムになっています。

ジャンンルは違いますが、ドコモ・au・Softbank も見倣ってほしいものです・・・。(ー ー;)

 

メリット5:「電気の見える化」で省エネ促進

 

楽天でんきにするとWEBから自分の電気の使用状況を確認できるようになります。

従来の地域電力会社では1ヶ月にいくら使ったのかしか分かりませんでしたが、楽天でんきの場合、時間別・日別・月別で電気の使用状況を確認する事ができます。

なので、どのタイミングで電気を使い過ぎたかの確認も簡単にでき、省エネ促進効果が期待できたりします。

節約を頑張る家庭にはとっても嬉しい機能ですね。

 

楽天でんきのデメリット

デメリット1:一部、割高になるケースがある

基本的には安くなる楽天でんきですが、一部、電気代が割高になってしまうケースがあります。例として2ケース挙げてみます。

 

ケース1 オール電化住宅の方

オール電化住宅の方は夜間に割安で使える電気契約をされていると思います。そしてその夜間に電気を最も多く利用されているかと思います。

その場合、楽天でんきは1kWhの電気代が時間帯を問わず一律固定となっている為、楽天でんきの方が電気代が上がってしまうという場合があります。

 

ケース2 契約アンペア数が低く、かつ、毎月の電気使用量がほとんどない方

このようなケースの方は、契約アンペア数が低いので基本料金も安く、電気使用量も少ないので1kWhあたりの電気代が安く済んでいます。その場合も楽天でんきの方が割高になってしまう事があります。

 

デメリット2:離島では申し込めない

多くの家庭にとってメリットしかないと言っても過言ではない楽天でんきですが、残念ながら離島にお住いの方は今はまだ申し込む事ができません。

離島の方々でも利用で来るように、少しでも早く普及していく事を願うばかりです。

 

楽天でんきの口コミ・評判

ここからは実際に楽天でんきを利用している方々の口コミや評判をご紹介していこうと思います。やらせなし(笑)の生の声なのでかなり参考になるかと思います。

 

LOOP電気というのは楽天でんきと同じ新電力会社の一つで少し前までは人気NO.1でした。ただ楽天でんきがLOOP電気と同じ料金体系にしてからは、楽天ポイントのサービス分、楽天でんきが有利になっています。

 

楽天でんきのメリットをコンパクトにまとめておられます。楽天ユーザーなら楽天でんきにしない手はないですね。

 

楽天ポイントで電気代を払う事ができて喜んでおられますね。体験者だからこそ、喜びもひとしおだと思います。(^_^)

 

楽天でんきのQ&A

 

 

 

 

楽天でんき契約の流れ

ここまでで、楽天でんきのメリット・デメリット・口コミ・評判・Q&A について取り上げてみましたが、いかがだったでしょうか。

「この内容だったらとりあえず楽天でんきを試してみてもいいかなぁ。」と思われた方のために、楽天でんきへの申し込みの流れをまとめておきますね。

といっても簡単すぎて拍子抜けしますが・・・。笑

以下がその申し込みの流れとなります。

 

① 支払い用のクレジットカードと検針票(電気ご使用量のお知らせ)を手元に準備

楽天でんき公式サイトで申し込み

 

これだけです。とっても簡単。人によっては5分で申し込み完了します。

あまりにも簡単なので不安になる人もいるくらいです。笑

以下からすぐに申し込みができます。

 

楽天のでんき

 

 

また、申し込みの詳細を知りたい方のために、我が家が楽天でんきに申し込みをした際のレポートをこの記事の下の方に載せているので、気になる方はそちらも確認してみてください。

 

管理人のシミュレーション結果レポート

楽天でんきの公式サイトへ行くとシミュレーションページが用意されていて、今の電気代と楽天でんきに切り替えた時の電気代とでどちらが安くなるか計算できるようになっています。

楽天でんきを申し込むに当たってとりあえず自分もシミュレーションしてみました。

以下、シミュレーション結果です。

 

 

1年目は申込特典の2000ポイントプレゼントキャンペーンの効果もあって、5,356円安くなると出ました。お得感ありますね!

ということは単純に考えて、2000ポイントプレゼントがなくなる2年目以降でも、今より3500円近く安くなるという事ですね。

ちなみにそのシミュレーション結果では、以下のような詳細な内訳や比較グラフも出てきました。

 

 

 

かなり分かりやすく見やすくまとめてくれます。(^_^)

我が家の場合はどの月でも100円から300円ほど安くなりそうだという事が分かりました。

これに加えて楽天ポイントも毎月貰えるわけですから切り替えない理由は見当たらないですね!

楽天でんき公式サイト内にシミュレーションページへのリンクが用意されているので、気になる方はそちらで自分の家の電気代が安くなるかどうかまずは試してみるといいかと思います。

 

管理人の申し込み体験レポート

というわけで、我が家は楽天でんきに申し込みをする事にしました。

以下、その際の様子を載せておきます。

 

申し込みサイトへ行くと「お申し込み前に電気の検針票(または電気の契約内容が分かるもの)をご用意ください。」とのメッセージが表示されたので、我が家の検針票を用意しました。

 

 

次に進むと、我が家が楽天会員なので、楽天ログイン画面が表示されました。ユーザーIDとパスワードを入力してログインしました。

 

 

楽天でんきの支払いに使用するクレジットカード設定画面が表示されました。我が家は楽天カードを「お買い物で通常使うカード」として楽天に登録してあったので、自動的にカード情報が入力されました。

 

 

「現在のご契約情報を入力してください。」とのメッセージが表示されたので、用意していた電気の検針票を見ながら入力項目を埋めていきました。

上記スクショには写っていませんが、氏名・住所・電話番号などの入力も求められました。

 

 

入力情報を確認した後「電気需給約款および供給条件等説明書をご確認ください」とのメッセージが表示されました。「同意しました。」にチェックをつけて「この内容で申し込む」をクリックしました。

 

 

「お申込みが完了しました。」とのメッセージが表示されました。これにて楽天でんきとの契約完了です!

 

申し込み手続きをこの記事作成と同時進行でしていたので幾分時間はかかってしまいましたが、申し込みだけだったら本当に5分もかからないレベルで終わる簡単さです。

上のQ&Aの部分にもあったように、現在契約している電気会社への解約の連絡も不要とのことなので、本当にWEB上で5分ほど入力手続きをするだけでしたね。

これは確かに「本当に契約できてるのかな?」と不安になるのも分からなくはないです。

さておき、楽天でんきのマイページは既存の楽天ID&パスワードでログインできるようです。これはありがたいですね。各サイト毎にIDやパスワードを作らされるのに辟易してたので。(^_^;)

そのマイページで、申し込み後の進捗状況を確認できるようにもなっています。

後日、楽天でんきのマイページを確認したところ、次のようになっていました。

 

 

進捗状況が表示されていて、「2019年3月12日に申し込み → 内容確認 → 楽天でんき開始日のお知らせ」まで進んでいるというものです。

楽天でんきのサイトでは「お申込み後、約2週間~1カ月半でご利用開始日が確定します。」とありましたが、自分の場合はわずか2日後に利用開始日のお知らせがメールで来ていました。早いですね!

利用を開始してからの感想はまた後日書く予定です。

以上、管理人の楽天でんき申し込み体験レポートでした。皆様の参考になれば幸いです。

 

楽天のでんき

 

管理人の使用感レポート

楽天でんきを検討されている皆様のために、楽天でんきを使用して感じたことを後日書こうと思います。しばらくお待ちください。m(_ _)m

 

まとめ

以上、【ポイントが貯まる楽天でんきで電気代を節約!メリット・デメリット・評判・口コミをチェック!】とのタイトルでお届けしました。

これで我が家も楽天でんきユーザーの仲間入りです。

今までも、楽天市場楽天カード楽天モバイルで楽天さんにはお世話になっていたんですが、今回の楽天でんきへの申し込みで我が家の楽天経済圏がさらに拡大してしまいました。(^_^;)

しっかりとポイントを貯めて節約に励んでいこうと思います。

それでは。(^_^)

 

楽天のでんき

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA