【AI投資】ロボアドバイザーとは?メリット・デメリット・評判をチェック!

 

AI投資時代到来 ー 。

 

これからの時代はあらゆる分野をAI(人工知能)が担っていきます。投資・資産運用においても例外ではありません。

そんな中「ロボアドバイザー」という言葉を耳にする機会も多くなってきたのではないでしょうか。

この記事ではそのロボアドバイザーの概要についてまとめています。この記事を読んで頂く事で基本情報を抑える事ができるようになっています。

ロボアドバイザーのことについて真剣に情報収集をしたい方のためにかなりボリュームのある記事となっていますが、よろしければご一読ください。(^_^)


ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)が投資案件の選定・資産運用プランの提案・買い付け・資産管理などを一括して代行してくれるサービスの事です。

こうした作業を自分自身で全てしようとするとかなり大変です。

それが今ではその全てをAIに任せる事ができる時代になってきました。

一昔前までは考えられなかった事ですが、コンピューター技術が発達し、新時代の投資スタイルを身近に体験できるようになりました。

 

 

ロボアドバイザー 豆知識

 

ロボアドバイザーには大きく分けて「アドバイス型ロボアドバイザー」と「全自動型ロボアドバイザー」の2つのタイプがあります。

「アドバイス型」は投資家に対して最適な資産配分や最適な投資案件のアドバイスのみを行ってくれるタイプです。このタイプの場合、実際に投資を行い運用管理するのは投資家自身となります。

「全自動型」は投資家に対して最適な資産配分や最適な投資案件のアドバイスを行い、かつ、それに基づいて運用し管理するところまでの全てを行ってくれるタイプです。このタイプの場合、投資家は何もする必要がありません。

この記事では後者のタイプ(全自動型ロボアドバイザー)について取り上げていきます。

 

ロボアドバイザーのメリット

メリット1 投資の知識が不要

ロボアドバイザーの1つ目のメリットは投資の知識が全く不要という事です。

先ほども少し触れましたが、もし個人で投資を始めようとすると次のような作業が必要になってきます。

 

  • 投資についての膨大な知識を学習する
  • 投資対象の商品を選定する
  • 投資対象の資産配分を決定する
  • 証券会社等へ入金する
  • 資産配分に応じて投資商品を購入する
  • 得られた分配金の投資先を選定する
  • 投資目的や目標に応じてにポートフォリオを修正する

 

 

読むだけでもげんなりしますね。(^_^;)

特に大変なのが最初の「投資についての膨大な知識を学習する」という部分です。

投資に関する基礎用語の学習から始まり、投資の仕組みはどうなっているのか?資金管理とは何か?投資案件にはどんなものがあるのか?ポートフォリオ(資産配分)はどうすればいいか?テクニカル分析&ファンダメンタル分析の方法には何があるのか?・・・などなどなどなど。

学習テーマを挙げればきりがありません・・・。

現に30年のプロ投資家曰く「投資の範囲は広く奥深いものなので、数年で全てを理解し経験することは難しいと思います。」とのこと。

でもロボアドバイザーを利用すればこうした苦労をショートカットできてしまいます。

その全部をロボアドバイザーが肩代わりしてくれるからです。

 

メリット2 投資の経験が不要

ロボアドバイザーの2つ目のメリットは投資の経験が不要という事です。

ロバアドバイザーは、これまで一部の富裕層や機関投資家だけが利用してきた世界水準の金融アルゴリズムに基づいて資産を運用してくれます。

資産運用や投資に関してどれだけ素人であったとしても、ロボアドバイザーを利用した瞬間に世界トップレベルの資産運用スキル・投資スキルが手に入るというわけです。

通常そのレベルに到達するには経験を何十年と積み重ねていかないといけません。

その何十年の間には時に資産を吹き飛ばして盛大な失敗をするという痛い経験も含まれてきたりします。

ロボアドバイザーを利用すればそうした苦労もショートカットできてしまいます。

投資初心者がロボアドバイザーを利用する上で、先に取り上げたメリット1(知識不要)とこのメリット2(経験不要)が最も大きな利点だと思います。

 

メリット3 投資に費やす時間が不要

ロボアドバイザーの3つ目のメリットは投資に費やす時間が不要という事です。

投資家が実際に投資をする場合、次の3点で時間がかかります。

 

  1. 投資先案件を調査・分析する時間
  2. 投資後の市場動向分析・チャート分析をする時間
  3. リバランスする時間

 

それぞれ簡単に触れておきます。

 

① 投資先案件を調査・分析する時間について

株を例に考えると分かりやすいかもしれません。

まずどのジャンルの株に投資するかを選定し、その後、そのジャンルの中で気になる企業の業績などを調べて、それに対して今の株価は割安かどうかといった分析を行わなければいけません。

それを可能な限り数多く調べて最終的にどの企業の株を購入するかを決めます。

調査対象は企業の数だけあり、徹底的な調査・分析をしようと思えば時間がいくらあっても足りません・・・。

しかしロボアドバイザーを利用すれば、この調査・分析・投資先選定に費やす時間が不要になります。

 

② 投資後の市場動向分析・チャート分析をする時間について

膨大な時間をかけて投資先を選定し大切なお金を投入した後に待っているのは、市場動向分析やチャート分析をする日々です。

ここでまたも時間が必要になってきます。

毎日毎日経済や金融のニュースにアンテナを張ったり、スマホやPCで定期的にチャートを眺めてはテクニカル分析を行ったりするようになっていきます。

時にはご飯を食べるのも忘れて・・・。(^_^;)

しかしロボアドバイザーを利用すればこうした時間も不要になります。

 

③ リバランスする時間について

リバランスというのはポートフォリオ(資産構成)の調整のことです。

例えば最初の適正なポートフォリオが【米国株式30%・日本株式30%・米国債券40%】だったとします。

5年後、米国株式の成績が極めて好調だったためにその比率が増え【米国株式50%・日本株式30%・米国債券20%】になりました。

 

 

米国株式が資産の半分にまで膨れ上がったため、もし米国株式が暴落すると資産が大幅に目減りするリスクが高まってしまいました。

ということでリバランス(ポートフォリオを調整して、最適な資産配分にし直す作業)が必要になりますが、これもまた時間がかかります。

比率が増えた米国株式の中のどの銘柄の株を売るべきのか?その資金をどの投資案件に回すべきのか?などについてやはり時間をかけて調べていかないといけません。

最適解に辿り着くためには相当な時間がかかってしまいます・・・。

しかしロボアドバイザーを利用すれば、このリバランスも全て自動で迅速に行ってくれます。


メリット4 感情に左右されて失敗する事がない

ロボアドバイザーの4つ目のメリットは感情に左右されないという事です。

人というのはどうしても感情に振り回されてしまいます。

投資先の価格がどんどん下がっていけば不安に駆られて売り飛ばしたくなりますよね。

ところが売り飛ばした直後に価格が反転急騰するというのは日常茶飯事です。(^_^;)

そうかと思えば、目をつけていなかった投資案件がどんどん高騰していたので「チャンスを逃すまいっ!!」と勢いで買ってみたものの、買った直後に反転下落というのも日常茶飯事です。(^_^;)

このように投資家にとって感情というのはとても厄介な敵です。

そのため一流の投資家になるためにはいかにメンタルコントロールできるかが重要だと言われています。

でもロボアドバイザーを利用すれば感情に振り回されて失敗をするリスクが全くなくなります。

全てをプログラムに則ってロジカルに合理的に最適解で運用してくれるからです。(^_^)

 

メリット5 投資信託と比較すると手数料が安い

ロボアドバイザーの5つ目のメリットは投資信託と比較すると手数料が安いということです。

投資信託というのは「プロを信じて投資を託す」という意味で、ロボアドバイザーの役目をプロの投資家(人間)が担っています。

ロボアドバイザーに極めて近い仕組みというわけですね。

その投資信託とロボアドバイザーの手数料とを比較すると、ロボアドバイザーの方が圧倒的に安くなっています。

以下は一般的な投資信託と、ロボアドバイザーで有名なWealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)との各種手数料を比較した表になります。

 

 

その差は一目瞭然ですね。(^_^)

手数料は安いに越したことはありません。その分だけ利益を上げることができるからです。複利効果を考えれば尚の事そう言えますね。

今後AIがさらに発展していくことで投資信託というジャンルはなくなると思います。

取って代わるのはもちろんロボアドバイザー(AI投資)ですね。(^_^)

 

メリット6 素早い出金が可能

ロボアドバイザーの6つ目のメリットは素早い出金が可能という事です。

なぜこれがメリットになるのかですが、投資案件の中には定期預金のように1度投資をすれば1年間は出金不可といった商品が結構あります。

これでは「まとまったお金が急遽必要になった」という時に困りますよね。

しかしロボアドバイザーなら投資したお金をすぐに引き出す事ができます。

大手ロボアドバイザーでは出金依頼をしてから3営業日後には自分の銀行口座に送金されます。

それも手数料無料で出金できるロボアドバイザーもあったりします。

ちょっとした事ではありますが、こうした部分も背中を優しく後押ししてくれる材料だったりしますよね。(^_^)


メリット7 確定申告不要

ロボアドバイザーの7つ目のメリットは確定申告が不要という事です。

投資を始めようという方はなかなか税金の事まで意識が向かないと思いますが、実際に投資を始めて利益が出てくると税金の事は避けて通れません。

通常は投資の年間利益が20万円を越えると自分で確定申告をする必要があります。

この確定申告、いざ自分でしようとするとかなり面倒です。(ー ー;)

しかしロボアドバイザーならその点の心配も不要となります。

口座開設時に特定口座」で「源泉徴収あり」を選択しておけば、税金の支払いもロボアドバイザー側で自動でしてくれます。

どれだけ利益が出ても税金の事であれこれ考える必要がなくなります。

(※ 一部非対応なロボアドバイザーもあります。)

 

メリット8 銀行・証券会社に騙されなくなる

ロボアドバイザーの8つ目のメリットは銀行や証券会社の営業マンに騙されないという事です。

これまでは投資を始める時は銀行や証券会社に相談に行く人が多くいました。

そんな投資初心者たちは彼ら営業マンからすれば良いカモでした。

「いかにして手数料の高い商品に投資させるか」

営業マンが目指すのはその1点のみと言ってもいいかもしれません。

彼らからすればお客様の利益よりも自分の会社での成績の方が優先なわけです。

「わたしは投資の事はよく分からないから投資案件はプロのあなたに任せるよ。」なんて言ってしまおうものなら、彼ら営業マンの思う壺です。

そして気づいた頃には時すでに遅し・・・。

高額な手数料を払わされて投資した案件は粗悪なもので、含み損がどんどん拡大していくばかり・・・。

こんな辛い経験をしてきた投資初心者が日本には大勢いるわけです。

でもロボアドバイザーならそんな心配も不要です。

 

ロボアドバイザーのデメリット

デメリット1 元本割れリスクがある

ロボアドバイザーの1つ目のデメリットは元本割れのリスクがあるという事です。

これはなにもロボアドバイザーに限ったデメリットではなく、投資や資産運用全般に言えるデメリットです。

元本割れとは投資した金融商品の価格が投資金額を下回ることです。

銀行などの預貯金しか知らない人にとってはショックな出来事だと思います。

預貯金は預けた金額より増える事はあっても下がる事はありませんが、ロボアドバイザー含めた投資・資産運用の場合は下がる場合があるという事です。

ただロボアドバイザーの場合は「どの程度の元本割れまでなら許容できるか?」を尋ねられるので、自分が許容できる範囲を答えれば、その答えに沿った資産運用プランを自動で組んでくれます。

どんな感じなのか試してみたい方は、大手ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)の「無料診断」が1分で簡単にシミュレーションできるのでオススメです。

 

 

デメリット2 短期的には大きな利益は見込めない

ロボアドバイザーの2つ目のデメリットは短期的には大きな利益は見込めないという事です。

金融商品のキャッチコピーなどを見ると、短期間で儲かる・稼げるという事を謳っているものがたくさんあります。

 

  • 『毎月500万円以上を安定して稼ぎ続けるFX手法!』
  • 『最速で”億”を稼ぐ不動産投資!』
  • 『不労所得で10億を手に入れる仮想通貨資産倍増プロジェクト!』

 

こういった怪しいキャッチコピーは大抵詐欺案件ですが、中には本当に短期間でかなりの額を稼ぐ事ができるものもあったりします。(極めて稀ですが・・・。)

しかしロボアドバイザーの場合はどんなに想定外な事が起こったとしても短期間で大きく稼ぐ事はできません。

なぜなら「長期・積立・分散」型の資産運用をメインにしているためです。

つまり熟成ワインを造る時のように長期間じっくりと時間をかけて、資産を堅実に増やしていくことを目指しています。

ロボアドバイザーでは短期間でハイリターンを狙うことはできないという事を覚えておいてください。

 

デメリット3 NISAは利用できない

ロボアドバイザーの3つ目のデメリットはNISAを利用できないという事です。

 

NISAとは?
投資で発生した利益にかかる税金をゼロにできる制度のことです。NISA口座という専用口座を開設し、その口座経由で指定範囲内の投資金額で得た利益は非課税となります。

 

細かい事を言えばNISAを利用できないのは全自動型ロボアドバイザーで、アドバイス型ロボアドバイザーならNISAを利用できます。

ただアドバイス型ロボアドバイザーでNISAを利用するとしても投資初心者にとっては運用は大変です。

NISAには40万円〜120万円という年間投資可能金額や5年〜20年という運用可能期間が予め設定されているので、それらの条件を守りながら自分自身の判断で資産運用を行う必要があるからです。

つまりNISA自体が投資初心者向けの制度ではないという事ですね。

というわけで、全自動型ロボアドバイザーでNISAが利用できないというデメリットは投資中級者以上の方にとっての話であって、投資初心者の方にはあまり関係がない話とも言えます。

念のためデメリットのひとつとして取り上げておきました。


ロボアドバイザーの評判

ここからは実際にロボアドバイザーを利用している方の生の声を紹介していきます。

ブログ記事の説明よりもこうした生の声の方が参考になるという方もいるかと思います。

 

 

みなさん、良い結果につながっているようですね。

簡単・楽・自動というキーワードも見受けられますね。

後は銀行預金の利子との比較も興味深いですよね。確かに今の利子は酷すぎます。(^_^;)

ただひとつ触れておきたい点があります。

ここで紹介させて頂いた皆さんは運用が+(プラス)になっているとツイートされてますが、それは世界経済が順調に推移し株価も右肩上がりで伸びてきたからでもあります。

経済が悪化し株価が下がり続けていけば、いくらロボアドバイザーでもプラス運用はできません。

とはいえ、経済が悪化し短期的には含み損(マイナス)を抱える事はあっても、10年・20年という長期で見れば含み益(+)が積み上がっていく可能性は高いとも言えます。

 

ロボアドバイザー投資が向いている人

ロボアドバイザー投資が向いている人は以下のような方々です。

 

  • 投資の知識・経験はゼロだけど資産は増やしたいと思っている方
  • 日々の仕事や家事で忙しく時間が取れない方
  • 面倒くさがりな方
  • 感情に左右されやすい方
  • 長期投資目的で資産運用をしたい方
  • 少額資金から投資を始めてみたい方

 

上記のような方々はこの記事で紹介してきたロボアドバイザーのメリットと繋がってきますね。

個人的には20代・30代の若い方々が時間をかけて複利効果で資産を膨らませていくためにロボアドバイザーを利用し続けていくというのが、一つの賢い使い方ではないかと思います。

上の囲みの表現で言えば「長期投資目的で資産運用をしたい方」に該当しますね。

 

おすすめロボアドバイザー

現在国内では多くのロボアドバイザーが利用可能ですが、その中でも特にオススメなロボアドバイザーはWealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)です。

以下、それぞれについて簡単に紹介しておきます。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)

 

WealthNaviの特徴

  1. 世界水準の資産運用を全て自動化
  2. 資産運用の王道「長期・積立・分散」投資を徹底サポート
  3. ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズムで、一人一人にあったポートフォリオ(資産の組み合わせ)を提案
  4. スマホ一つで手軽にかなえる世界水準の資産運用
  5. 手数料は年率1%(※ 3000万円を超える部分は0.5%)

 

WealthNavi(ウェルスナビ)は2019年4月1日現在で預かり資産1400億円を突破していて、ロボアドバイザー業界では人気No.1となっています。

参考までに申し込み件数は19万件を突破しています。

 

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

THEO(テオ)

 

THEOの特徴

  1. 資産運用のエキスパートによる継続的な運用アルゴリズムの改善により、いつでも最新の手法で効果的に資産運用
  2. 1万円から始められるグローバル分散投資
  3. 365日24時間いつでも出金依頼可能
  4. 1ヶ月ごとのリバランス&1〜3ヶ月ごとの構成ETFの見直しの自動化
  5. 手数料は年率1%(※ 3000万円を超える部分は0.5%)

 

THEO(テオ)はWealthNavi(ウェルスナビ)に次ぐ人気ロボアドバイザーで、THEOを利用している運用者数は2019年4月1日時点では5万2500人程となっています。

また様々な企業と提携しており、通信キャリア大手docomoもその一つです。

【THEO+[テオプラス] docomo】という名称になりますが、ドコモユーザーはもちろんドコモユーザーではなくても、利用することでついでにdポイントを貯めることができます。

通常のTHEO(テオ)と運用方法は全く同じなので、利用するならdポイントが貰える【THEO+[テオプラス] docomo】の方が確実にお得です。

 



 

なお WealthNavi・THEOのどちらも、今の自分の年齢・所得・資産額・積立可能額などに応じて、オススメのポートフォリオ(資産構成)を無料で簡単にシミュレーションしてくれるサイトが用意されています。

自分も試してみましたがとっても面白かったです。

自分の資産が10年後や20年後にここまで増える可能性があるのかと驚かされました。

「長期分散積立投資、恐るべし!」です。

気になる方は以下のリンクからどうぞ。(^_^)

 

▶︎ WealthNavi公式サイトで無料シミュレーションを試してみる

▶︎ THEO+docomo公式サイトで無料シミュレーションを試してみる

 

まとめ

以上『【AI投資】ロボアドバイザーとは?メリット・デメリット・評判をチェック!』とのタイトルでお届けしました。

長くなってしまったので要点を改めてまとめておきます。

 

ま と め
 

  • ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)が投資案件の選定・資産運用プランの提案・買い付け・資産管理などを一括して代行してくれるサービスの事
  • ロボアドバイザーのメリット
    1.投資の知識不要
    2.投資の経験不要
    3.投資に費やす時間不要
    4.感情に左右されて失敗しない
    5.投資信託と比較して手数料が安い
    6.素早い出金が可能
    7.確定申告が不要
    8.銀行や証券会社に騙されることがない
  • ロボアドバイザーのデメリット
    1.元本割れリスクがある
    2.短期的には大きな利益は見込めない
    3.NISAは利用できない
  • ロボアドバイザー投資が向いている人は、投資初心者の方や長期投資目的で資産運用をしたい方や興味があるけど時間がない方など
  • オススメのロボアドバイザーはWealthNavi(ウェルスナビ)THEO(テオ)

 

これからはAIが時代を担っていきます。投資・資産運用においても例外ではありません。

AI投資次代到来の今、ロボアドバイザーは確実に検討に値するサービスです。

賢く利用していきたいものですね。

そして皆さんの資産が膨らんでいきますように。(^_^)

 

 

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA